風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

1918年 大正7年

2009年12月12日土曜日

◆「薄野遊郭」が開道50執念記念博覧会の開催に伴い白石に移転し
  「白石遊郭」と呼ばれ売春防止法施行まで続く。

◆大正時代の横浜 外国人向けの娼婦街として国際的に有名となる
  『チャブ屋』ダンスのメッカともなった外国人向け高級娼館で、横浜の
  本牧から大丸谷、親不孝通り、日本橋にかけてがチャブ屋街だった。
  ダンスをしたり体に触ったりした後店外デートをしチャブ屋に戻り
  その2階でサービスを受ける仕組みだった。
  日本人は誰でも入れる訳ではなく。店が認めた人だけが入れる様になっていた。
  チャブ屋は売春防止法まで続いた。



1912年 大正元年

2009年12月11日金曜日

◆「洲崎遊廓」大火。

◆日本人は誰でも入れる訳ではなく、店が認めた人だけが入れる様になっていた。
  チャブ屋は売春防止法まで続いた。



1911年 明治44年

2009年12月10日木曜日

◆吉原大火「吉原炎上」でも有名な出来事。
  吉原歓楽街への正面玄関 大門(おおもん)大火で焼失。
   しかし吉原は不死鳥の如く復活。



1903年 明治36年

2009年12月10日木曜日

◆写真指名システムが始まる「写真見世」。



1900年 明治33年

2009年12月10日木曜日

◆「二本木遊郭」で最大の『東雲楼』の101人もの娼妓から廃業届が出され
  ストライキとなった。



1888年 明治21年

2009年12月10日木曜日

◆東京「根津遊廓」が深川弁天町へ移転し、「洲崎遊廓」と改める。



1884年 明治17年

2009年12月10日木曜日

◆宮沢平吉氏が「海老屋」を買取り「角海老楼」と名付け、時計台付き大楼を建設。 
  遊郭「角海老」の誕生。



1881年 明治14年

2009年12月10日木曜日

◆新吉原大門が鋳鉄製の堅牢な門に建て替えられる。



1878年 明治11年

2009年12月10日木曜日

◆東京 浅草六区に矢場(射的場)誕生。18軒を越え、矢場女全盛となる。



1877年 明治10年

2009年12月10日木曜日

◆熊本市内 京町の遊廓は、新川塘近辺に移り「二本木遊郭」呼ばれるようになった。



1873年 明治6年

2009年12月09日水曜日

◆熊本市内 京町に遊廓が誕生。 西南戦争で焼失。



1872年 明治5年

2009年12月08日火曜日

◆開拓者の士気高揚のためと、「薄野遊郭」が誕生。

◆兵庫「福原遊廓」鉄道敷設のため新福原へ移転。



1870年 明治3年

2009年12月07日月曜日

◆京都祇園で娼妓の検黴(梅毒の検査)が始まる。

◆長崎丸山遊廓検黴(梅毒の検査)並びに病院設置。



1869年 明治2年

2009年12月06日日曜日

◆札幌には飯盛女がいる旅館もあった。開拓者が始めたため。



1868年 明治元年

2009年12月05日土曜日

◆大坂 「松島遊廓」開業許可。

◆兵庫に「福原遊廓」誕生。当時の県知事の伊藤博文によって作られた。



1657年 明暦3年

2009年12月04日金曜日

◆日本橋の吉原遊廓焼失。その後、浅草田んぼに移転。

◆公認された遊廓に対して、非公認の風俗営業を岡場所と呼んでいた。
  江戸後期には吉原をしのいで栄える。

◆岡場所は深川 本所 京橋 日本橋 麹町 神田 下谷 浅草 本郷
  小石川 牛込 赤坂 四谷 麻布 芝など総数は約190箇所で
  品川 内藤新宿 千住 板橋は半公認。

◆当時は「水茶屋」 「湯女」 「飯盛女」 「夜鷹」などもあった。
  「出会い茶屋」もあったがこれは、男女が使うラブホテルのルーツ。



1617年 元和3年

2009年12月03日木曜日

◆日本橋葺屋町(現在の日本橋人形町)に吉原遊廓が誕生。
  遊廓の開拓者・庄司甚内氏。

◆現在も君臨する「吉原三浦屋」400年以上もの歴史を持ち吉原の歴史の中では、
  最高級の女太夫を沢山輩出た、由緒ある大店(おおだな)。



JOIN HANDS-SITE