風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

2003年 平成15年

2010年02月09日火曜日

◆風俗案内所がチケットセンターがチケットタイプから徐々にネットタイプに移行。

◆この冬にマンヘル及び池袋風俗大摘発。

◆同時にビデオ手コキ店大摘発。

◆出会い系サイトの【規制法】を施行。



2001年 平成13年

2010年02月07日日曜日

◆「キャットファイト」イベントが人気になる。

◆人妻援護会 フランチャイズが進み人気に。

◆メイド喫茶の誕生。

◆【新風営法】を改正。新宿歌舞伎町火事事件後、消防法改正。



2000年 平成12年

2010年02月06日土曜日

◆「セリクラ」が誕生。

◆「女の子付きビデオBOX」が名古屋で人気となり「ビデオボックス性感」などと
  呼ばれた。

◆児童買春、その周旋・勧誘、児童ポルノの販売、等に関わる者への処罰が
  定められる。

◆「カフェ・ド・コスパ」コスプレ喫茶の誕生。
  (期間限定で1999年から開店していた。)

◆【児童買春、児童ポルノに関わる行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律】
  を制定。



1999年 平成11年

2010年02月05日金曜日

◆「デートクラブ」摘発増加。バイアグラ解禁。

◆桶川・女子大生ストーカー殺人事件。

◆人妻ブームになり風俗に人妻というジャンルができた。
  (旦那とはセックスレス。お客さんは女性としてあっかってくれる。
  そして不倫感覚が味わえ人気になった。)

◆PCからのネット接続での出会い系サイトから、携帯電話iモード開発で
  出会い系サイトが手軽になる。



1998年 平成10年

2010年02月04日木曜日

◆「デリバリーヘルス」改正風営法によって法的に認められた風俗業種。

◆「出張ヘルス・宅配へルス」とも呼ばれていた。

◆「女の子付きビデオBOX」が誕生。

◆浜ヘル ブーム。 YESグループ ハレンチグループなど後の業界を引っ張って
  いくグループが誕生しはじめる。

◆「オナパブ」「オナクラ」第一号店「六本木ミント」が六本木に誕生。
  後に「オナパブ」とは言わなくなり「オナクラ」が定着する
  (現在:六本木ミントは神田ピープルに吸収されている。)

◆「人妻性感ヘルス」店がTV失楽園と共に登場し始める。

◆「デリバリーヘルス」という名称は公布の改正風適法で当該業種が届出対象に
  された際に、風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している
  株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案。
  同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社の
  株式会社シーズホールディングコーポレーションが商標出願登録。
  (商標登録証4522848号)

◆正式名称「無店舗型性風俗特殊営業1号営業(派遣型ファッションヘルス)」

◆外国人(主に東南アジア女性)の性的「エステサロン、マッサージ店」増加 。

◆「フィストファック」がアメリカから輸入される。



<<前のページへ 123

JOIN HANDS-SITE