風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

1954年 昭和29年

2009年12月22日火曜日

◆東京 新宿周辺では、1年間に20軒以上の「連れ込み旅館」がオープン。

◆「コールガール」がお客の自宅へ出張する売春形式が登場する。

◆大阪でアルバイト女性にお酒の相手をさせるアルバイト料亭が登場。
  後の『ホステス キャバ嬢』の原型が産声を上げる。



1953年 昭和28年

2009年12月21日月曜日

◆東京近郊に「SOTEL」という看板の連れ込み旅館が登場。

◆東京では悪質社交喫茶、暴力女給が横行する。

◆東京 渋谷で即尺婆さんが逮捕される。

◆東京 浅草の「ストリップ劇場」は12軒で全盛期を迎える。

◆「トルコ風呂」が急増し全国で70軒。
  内都内は20軒で、浅草の「トルコ風呂」では「ホステス」が手で発射させる
  『おスペ』サービスも出現し全国に広まる。

◆ノースリーブの服が流行。シュートスカートも登場。
  下着ショーも盛んになり第一次下着ブーム。



1952年 昭和27年

2009年12月20日日曜日

◆長崎 佐世保市で傷害事件が多発し「ポン引き」48人検挙。

◆東京 浅草 池袋 錦糸町に個室つき「トルコ風呂」が誕生。

◆吉原には建坪60坪、総工費5000万(一説には2000万)の
  豪華特飲食「ロビン」がオープン。

◆東京 新橋にヌードスタジオ第一号店「折鶴」が誕生。
  後に虎ノ門・神田・新宿へと広がる。

◆札幌 ススキノにも「トルコ風呂」がオープン。

◆「パンマ」という言葉が流行。

◆東京 新宿二丁目で「アルバイトサロン」がオープン。アルサロ ブームにもなる。



1951年 昭和26年

2009年12月19日土曜日

◆東京 銀座に「東京温泉」の開業、日本での「トルコ風呂」の基礎原型となる。

◆東京 渋谷の「キャバレー」「クラブ渋谷」は、2階から隣の連れ込み旅館に
  入れると人気。

◆東京 浅草のストリップ劇場では「ハシゴショー」が始まる。
  アーチ型のハシゴを舞台から客席の奥まで架けて「ストリップ嬢」が
  行き来するというもの。

◆神奈川 横須賀市のパンパンは5000人~6000人に達する。

◆長崎 佐世保市へ米兵目当ての「パンパン」が全国から集まり市が
  貸席業の許可制を復活させる。

◆東京 浅草公園で全国から1500人の赤線女性が参加して
  【東京女子従業婦組合】結成・設立。

◆赤線地区の周辺では子供たちの間で「パンパン遊び」が流行。



1950年 昭和25年

2009年12月18日金曜日

◆東京 浅草の国際小劇場が「ストリップ劇場」に転向する。

◆さらにこの年、東京 浅草に「フランス座」「カジノ座」がオープン。

◆一方東京 新橋駅の西口通りから浜松町方面にある連れ込み旅館は200軒余り。

◆東京 浅草の「国際セントラル劇場」の「天女の足の裏」が大当たり。
  客席の天井にレールを設置してストリッパーをワゴンに乗せて走らせていた。

◆大阪 ミナミに日本初の「同伴喫茶」が誕生。
  1965年には全国で3000軒にまでブームになる。

◆この頃から売春に応じる「マンマ」(マッサージ師)が登場し急増し
  「パンマ」と呼ばれていた。

◆東京の有名な「ゲイバー」は銀座「ブランズウイック」新宿「夜曲」
  渋谷「新大和」が有名。
  中でも銀座「ブランズウイック」は三島由紀夫の小説「禁色」にも登場。
  新宿「夜曲」は歌舞伎俳優のママがオネエ言葉を使う店として人気になる。



<<前のページへ 12

JOIN HANDS-SITE