風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

1959年 昭和34年

2009年12月27日日曜日

◆「風営法」改正により「風俗営業等取締法」と改称。

◆東京で結婚相談所を装った秘密コールガールクラブ「永田クラブ」が摘発。

◆東京 高円寺には「シコシコサービス」の和風バーが登場。

◆東京 新橋界わいにショートコースの街娼が出現し値崩れが始まる。

◆東京の喫茶店「ロマンスルーム」が流行。

◆東京の「トルコ風呂」では「おスペ」が一般化。

◆この頃の熱海の芸者置き屋は275軒。

◆セミプロの芸者やガイドガールが流行。



1958年 昭和33年

2009年12月26日土曜日

◆【売春防止法】施行。

◆吉原が赤線廃業宣言とともに吉原の終焉 移行吉原は「トルコ風呂」に転業。
  全国で100軒 東京都内の「トルコ風呂」が67軒 吉原には33軒できた。

◆午前0時をもって全国の赤線3万9000軒の火が消え400年近い性の伝統が終焉。

◆吉原に元赤線業者が経営するトルコ吉原として「東山」開店 。

◆東京 有楽町に「キャバレー」「チャイナタウン」がオープン。
  チャイナスタイルで東京を席捲。

◆東京 新宿の三越裏にあった「ゲイバー」「蘭屋」が三丁目に移転。
  以後三丁目がメッカになる。

◆東京に「おさわり喫茶」が誕生。

◆大阪 ミナミの「アルサロ」でマッチ一本が燃えている間バストを見せる
  サービスを開始。

◆大阪 桜宮に西日本初のコンクリート建築の「アベック旅館」「銀橋荘」がオープン。

◆ピンク色の口紅が販売され赤という常識が崩れる。同時に下着のカラー化がすすむ。



1957年 昭和32年

2009年12月25日金曜日

◆東海地区の赤線業者が全国にさきがけ廃業を宣言

◆東京 吉原最高級赤線「ロビン」が閉店。

◆大阪 飛田新地界わいで10代の少女のポン引きが出没。

◆この年からバレンタインデーチョコを新宿メリーチョコレートで販売…売れたのは3枚。

◆熱海でモーテル第一号店が営業開始。

◆赤線 青線が下火になるがさまざまなもぐりの売春が横行し始める。

◆横浜に「ネグリジェサロン」がオープン。

◆寿司屋や小料理屋から呼ばれ相手をする派遣芸者が登場。



1956年 昭和31年

2009年12月24日木曜日

◆アベック喫茶 ロマンス喫茶 ロウソク喫茶などの深夜喫茶が流行。

◆東京の特殊浴場「トルコ風呂」は50軒になり本番サービスが行われていると
  噂になる。

◆東京 湯島に鉄筋5階建ての「連れ込み旅館」「かりがね荘」がオープン。
  「ラブホテル」の近代化の先駆け。

◆悪質な美人局などがはびこる暴力売春街が「黒線」と言われる。

◆新東宝映画「女眞珠王の復讐」で初の全裸シーンが話題になる。

◆日本政府【売春防止法】を公布。

◆東京の都内の赤線女性が【東京都女子従業員組合連合会】を結成。

◆全国の赤線女性が【全国接客女子従業員組合連盟】を結成。



1955年 昭和30年

2009年12月23日水曜日

◆東京 渋谷「渋谷石亭」がオープン。

◆静岡 浜松市に「ステッキガール」が誕生し人気になる。

◆大阪 ミナミに「コンパ」という円型カウンターのグランドバーが誕生。

◆クリスチャン・ディオールのAラインHラインをもじって女学生の間で、
  A(キス)B(ペッチィング)C(セックス)と言う言葉が広がる。

◆東京 銀座に「オンケ」や女性も飲みにいける「ゲイバー」「青江」がオープン。

◆日本政府、売春問題の増加に対し立案し【売春問題連絡協議会】を
  この日閣議にて了解、この機関を内閣にを設置。



1954年 昭和29年

2009年12月22日火曜日

◆東京 新宿周辺では、1年間に20軒以上の「連れ込み旅館」がオープン。

◆「コールガール」がお客の自宅へ出張する売春形式が登場する。

◆大阪でアルバイト女性にお酒の相手をさせるアルバイト料亭が登場。
  後の『ホステス キャバ嬢』の原型が産声を上げる。



1953年 昭和28年

2009年12月21日月曜日

◆東京近郊に「SOTEL」という看板の連れ込み旅館が登場。

◆東京では悪質社交喫茶、暴力女給が横行する。

◆東京 渋谷で即尺婆さんが逮捕される。

◆東京 浅草の「ストリップ劇場」は12軒で全盛期を迎える。

◆「トルコ風呂」が急増し全国で70軒。
  内都内は20軒で、浅草の「トルコ風呂」では「ホステス」が手で発射させる
  『おスペ』サービスも出現し全国に広まる。

◆ノースリーブの服が流行。シュートスカートも登場。
  下着ショーも盛んになり第一次下着ブーム。



1952年 昭和27年

2009年12月20日日曜日

◆長崎 佐世保市で傷害事件が多発し「ポン引き」48人検挙。

◆東京 浅草 池袋 錦糸町に個室つき「トルコ風呂」が誕生。

◆吉原には建坪60坪、総工費5000万(一説には2000万)の
  豪華特飲食「ロビン」がオープン。

◆東京 新橋にヌードスタジオ第一号店「折鶴」が誕生。
  後に虎ノ門・神田・新宿へと広がる。

◆札幌 ススキノにも「トルコ風呂」がオープン。

◆「パンマ」という言葉が流行。

◆東京 新宿二丁目で「アルバイトサロン」がオープン。アルサロ ブームにもなる。



1951年 昭和26年

2009年12月19日土曜日

◆東京 銀座に「東京温泉」の開業、日本での「トルコ風呂」の基礎原型となる。

◆東京 渋谷の「キャバレー」「クラブ渋谷」は、2階から隣の連れ込み旅館に
  入れると人気。

◆東京 浅草のストリップ劇場では「ハシゴショー」が始まる。
  アーチ型のハシゴを舞台から客席の奥まで架けて「ストリップ嬢」が
  行き来するというもの。

◆神奈川 横須賀市のパンパンは5000人~6000人に達する。

◆長崎 佐世保市へ米兵目当ての「パンパン」が全国から集まり市が
  貸席業の許可制を復活させる。

◆東京 浅草公園で全国から1500人の赤線女性が参加して
  【東京女子従業婦組合】結成・設立。

◆赤線地区の周辺では子供たちの間で「パンパン遊び」が流行。



1950年 昭和25年

2009年12月18日金曜日

◆東京 浅草の国際小劇場が「ストリップ劇場」に転向する。

◆さらにこの年、東京 浅草に「フランス座」「カジノ座」がオープン。

◆一方東京 新橋駅の西口通りから浜松町方面にある連れ込み旅館は200軒余り。

◆東京 浅草の「国際セントラル劇場」の「天女の足の裏」が大当たり。
  客席の天井にレールを設置してストリッパーをワゴンに乗せて走らせていた。

◆大阪 ミナミに日本初の「同伴喫茶」が誕生。
  1965年には全国で3000軒にまでブームになる。

◆この頃から売春に応じる「マンマ」(マッサージ師)が登場し急増し
  「パンマ」と呼ばれていた。

◆東京の有名な「ゲイバー」は銀座「ブランズウイック」新宿「夜曲」
  渋谷「新大和」が有名。
  中でも銀座「ブランズウイック」は三島由紀夫の小説「禁色」にも登場。
  新宿「夜曲」は歌舞伎俳優のママがオネエ言葉を使う店として人気になる。



JOIN HANDS-SITE