風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

2008年 平成20年

2010年02月14日日曜日

◆札幌市ススキノのソープランド「江戸城」で火事。



2007年 平成19年

2010年02月13日土曜日

◆平成元年風俗嬢年。

◆「プロダクション系デリヘル」が急増。

◆昼キャバが始まる。ランチつきのサービス。

◆「CANDY FRUIT(キャンディフルーツ)」が中心となって【日本メイド協会】が設立。

◆「ミアグループ」が中心となった【日本メイド喫茶協同組合】が設立。



2006年 平成18年

2010年02月12日金曜日

◆癒しをコンセプトに「耳かき」が誕生。

◆ホテヘルの規制や風俗案内所のチェック。

◆【改正風営法施行】



2005年 平成17年

2010年02月11日木曜日

◆東京都迷惑防止条例が改正されるこの改正によって、キャバクラや風俗店
  などへの客引き行為がすべて禁じられ客引き行為の規制が始まった。

◆営業禁止区域の強化・スカウト行為の禁止等風俗やアダルト業界関係者に
  とって、厳しい措置が取られるようになる。

◆関西発信の「出会い系カフェ」東京でブーム

◆迷惑防止条例改正で街頭での客引きが規制禁止。

◆「萌え」がユーキャン流行語大賞に選出される。

◆埼玉県警は洗浄化として風俗店を次々と摘発し街は一変。もちろん並行して
  「西川口流」は減少する。



2004年 平成16年

2010年02月10日水曜日

◆新宿浄化作戦スタート。

◆レンタルルーム始まる。が…数年で禁止なる。

◆メイド・メイド喫茶がブーム。聖地は東京 秋葉原。

◆東京都は【青年健全育成条例を改正】し、ブルセラ行為や少女スカウトを禁止。



2003年 平成15年

2010年02月09日火曜日

◆風俗案内所がチケットセンターがチケットタイプから徐々にネットタイプに移行。

◆この冬にマンヘル及び池袋風俗大摘発。

◆同時にビデオ手コキ店大摘発。

◆出会い系サイトの【規制法】を施行。



2001年 平成13年

2010年02月07日日曜日

◆「キャットファイト」イベントが人気になる。

◆人妻援護会 フランチャイズが進み人気に。

◆メイド喫茶の誕生。

◆【新風営法】を改正。新宿歌舞伎町火事事件後、消防法改正。



2000年 平成12年

2010年02月06日土曜日

◆「セリクラ」が誕生。

◆「女の子付きビデオBOX」が名古屋で人気となり「ビデオボックス性感」などと
  呼ばれた。

◆児童買春、その周旋・勧誘、児童ポルノの販売、等に関わる者への処罰が
  定められる。

◆「カフェ・ド・コスパ」コスプレ喫茶の誕生。
  (期間限定で1999年から開店していた。)

◆【児童買春、児童ポルノに関わる行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律】
  を制定。



1999年 平成11年

2010年02月05日金曜日

◆「デートクラブ」摘発増加。バイアグラ解禁。

◆桶川・女子大生ストーカー殺人事件。

◆人妻ブームになり風俗に人妻というジャンルができた。
  (旦那とはセックスレス。お客さんは女性としてあっかってくれる。
  そして不倫感覚が味わえ人気になった。)

◆PCからのネット接続での出会い系サイトから、携帯電話iモード開発で
  出会い系サイトが手軽になる。



1998年 平成10年

2010年02月04日木曜日

◆「デリバリーヘルス」改正風営法によって法的に認められた風俗業種。

◆「出張ヘルス・宅配へルス」とも呼ばれていた。

◆「女の子付きビデオBOX」が誕生。

◆浜ヘル ブーム。 YESグループ ハレンチグループなど後の業界を引っ張って
  いくグループが誕生しはじめる。

◆「オナパブ」「オナクラ」第一号店「六本木ミント」が六本木に誕生。
  後に「オナパブ」とは言わなくなり「オナクラ」が定着する
  (現在:六本木ミントは神田ピープルに吸収されている。)

◆「人妻性感ヘルス」店がTV失楽園と共に登場し始める。

◆「デリバリーヘルス」という名称は公布の改正風適法で当該業種が届出対象に
  された際に、風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している
  株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案。
  同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社の
  株式会社シーズホールディングコーポレーションが商標出願登録。
  (商標登録証4522848号)

◆正式名称「無店舗型性風俗特殊営業1号営業(派遣型ファッションヘルス)」

◆外国人(主に東南アジア女性)の性的「エステサロン、マッサージ店」増加 。

◆「フィストファック」がアメリカから輸入される。



1997年 平成9年

2010年02月03日水曜日

◆フードル全盛期。

◆風俗案内所チケットセンターが誕生

◆「イメージクラブ、SMクラブ」流行女子中高生の援助交際増加 援交ブーム。

◆無店舗のマッサージ、デートクラブ、AV販売がふえる。

◆風俗店が店舗HPを持ちだす。

◆全裸の韓国エステ登場。サービスの激化で本番まで始まる。



1996年 平成8年

2010年02月02日火曜日

◆「カップル喫茶」が関西を中心にブーム流行(1995~1996)。

◆「アナルファック専門店」が東京 五反田に誕生。

◆「ポケベル援交」が登場。



1995年 平成7年

2010年02月01日月曜日

◆女子中高生による「デートクラブ」や「援助交際クラブ」」の増加。

◆東京 新宿 六本木に「抜きキャバ」が誕生。

◆SMクラブ五反田パラダイス店長殺害事件。

◆東京 吉原の「情報喫茶」が摘発される。「情報喫茶」の第一号店は80年代に
  岐阜から始まった。



1994年 平成6年

2010年01月31日日曜日

◆「ホテトル、テレクラ」の増加。

◆大阪で「カップル喫茶」が誕生。

◆「イメクラ」に「放尿プレイ」が登場。後に新宿に「みっぇーるトイレ」
  (便器の下が透明のプラスティクでできたトイレ)を「甘えんぼ」が登場させる。

◆東京 新宿では「性感マッサージ」が進化をし「性感ヘルス」がこの頃に生まれる。
  「素股」や「全身リップ」が主に売り。



1993年 平成5年

2010年01月30日土曜日

◆遊廓の裏技ともいえる「素股」が、この年に目黒のイメクラで取り入れられ
  後に風俗定番メニューとなる。

◆吉祥寺に「プラクラ」第一号店が誕生。「プライベートクラブ」の略で、マンションの
  一室に女子高生がたむろっていて、選んで外出してお小遣いをあげたりと
  援交女子高生のたまり場となる。

◆妊婦 母乳店などのジャンル風俗も誕生。

◆韓国エステが上陸。指圧・オイルマッサージなど後に手だけのサービス。
  (韓国娘は服を着たまま)

◆外国人女性に対する売春取締が強化。



1992年 平成4年

2010年01月29日金曜日

◆「ランジェリーパブ」「ランパブ」が誕生し流行りだす。

◆「女性向け性感マッサージ」が誕生する。

◆東京 鶯谷に「デブ ブス 縛乳」のキャッチフレーズで、デブ専SMクラブ
  「養豚場」が登場。

◆大阪の「ソープランド」は「ファッション・ヘルス」に転向し始める。



1991年 平成3年

2010年01月28日木曜日

◆有名な「ノーパンしゃぶしゃぶ」誕生。ロンブのフレアスカートを穿いた女の子が
  天井からぶら逆さに吊り下がったミネラルウォーターやウィスキーで、水割りを
  作ろうと立ち上がるとセンサーが作動し、下から風が吹き上がりスカートがファーと
  めくれ上がる。

◆大阪では、たこ焼きをつまみながらTバックにエプロンの女の子と話ができる
  ショーパブ「味まん」という店もあった。

◆東京都内に「ストリートガール」が増えだす。

◆「ハメ撮り」が爆発的に流行する。



1990年 平成2年

2010年01月27日水曜日

◆「イメクラ」が誕生。(本当は少し前1986年にイメクラは出来ていたが
  当時受け入れられず。今のイメクラがこの年誕生)

◆バブルのピークで「性感エステ」「伝言ダイヤル」「SMクラブ」などが氾濫する。

◆同時にアンダーグランドで「大人のパーティー」が誕生する。



1989年 平成1年

2010年01月26日火曜日

◆「ダイヤルQ2」が誕生。ソープランドの減少、デートクラブの摘発増加 。

◆「性感マッサージ」がブーム。火つけ役は「すがも美療院」「アイ美療」。

◆東京に日本初の「ボンテージ ファッション専門店」「AZZLO」がオープン。

◆東京 高田馬場に女子高生の中古セーラー服などの販売をする
  「ブルセラショップ」が誕生。以降90年代には全国に広まる。

◆東京 鶯谷に「ニューハフヘルス」第一号店「元祖ニューハーフヘルス」が誕生。

◆大阪 「リッチドール梅田店」に、痴漢電車「イメクラヘルス」が登場する。

◆大阪「グルメ風俗」。トップレスの女の子が牛丼を運ぶ「ちち之屋」なる店も登場。



1988年 昭和63年

2010年01月25日月曜日

◆東京 吉原のソープランドに日本初のソープ嬢20人が集まり労組が誕生。
  ストに突入する。

◆この頃の都内のSMクラブは200軒を突破する。

◆80年代後半に既にあった「ハプニングパブ」21世紀の「ハプニングバー」とほとんど
  同じで、最初は大人しく飲み…しだいにハプニングが始まると内容は全く同じ。

◆風俗店で 「○○専門」が使われだし専門店が増えだす。
  (ナース専門 OL専門など)

◆大阪の「イメクラ」に痴漢エレベーターが登場。

◆厚生省が日本国内でのエイズ患者を確認する。



1987年 昭和62年

2010年01月24日日曜日

◆「ソープランド」開店休業状態により、個室ヘルスが流行する。

◆東京では豪華なソファを備えた「同伴喫茶」が急増する。

◆大阪で「25時のシンデレラ」「ねこきまぐれ」などの名前のラブホテルがオープンし、
  ネーミングに変化が出始める。

◆大阪に誕生した「グルメ風俗」。トップレスの女の子がラーメンを運ぶ「めん道楽」
  なる店。

◆アダルトビデオに3P4Pと入り乱れる作品が登場し始める。

◆東京都がエイズテレホンサービスを始める。



1986年 昭和61年

2010年01月23日土曜日

◆東京サミット・ダイアナ妃来日を控え、東京では電話ボックスのピンクチラシの
  一掃作戦が始まる。

◆全国の「テレクラ」が1000軒近くにも達する。

◆「お見合いパブ」が誕生。

◆東京 鶯谷にイメクラ第一号店「夢」がオープン。「夜這いクラブ」という業態で
  会員制。 アイマスクのパジャマを着た女の子を全裸にして、オナニーをする
  というもの。 91年にマスコミが取り上げてブレイクする。

◆東京 吉原に情報喫茶が誕生。

◆顔射をうたったアダルトビデオ第一号「極め付き顔面発射・狂った樹液」が発売され
  「顔射」が大流行する。

◆神戸市に兵庫初の「テレクラ」が誕生する。

◆吉原ソープランド「ラフォーレ」公安委員会の指示により廃業。

◆海外在住男性同性愛者を日本人初のエイズ患者と認定。



1985年 昭和60年

2010年01月22日金曜日

◆2.13午前0時 新風営法施行。「トルコ風呂」が「ソープランド」に名前を変える 。

◆取締り強化のため「ストリップ劇場」が激減。

◆午前0時から日の出までの営業が禁止されたた、午前6時からの早朝営業が
  始まる。

◆新風営法施行により「ノーパン喫茶」が完全に消滅する。

◆新風俗としてキャバクラが次々とできる。

◆ソープランドで写真顔見せシステムが広がる。背景には週刊誌・スポーツ新聞に
  ソープ嬢の顔写真が紹介され一極化したため。

◆東京 駒込に「年増園」「うばすて山」などの中年主婦のホテトルが登場。

◆東京では「テレクラ」が爆発的にブームでテレクラビルも登場する。
  しかし大阪では「テレクラ」は1軒しかなかった。

◆大阪に 「リッチドール」が誕生。

◆「ボディコン・ワンソレ」の女の子達が登場。

◆投稿写真雑誌が次々創刊される。また「オレンジ通信」「アップル通信」などが
  ズリネタ情報誌と呼ばれる。

◆東京 豊島区議会で区では初めての自販機によるポルノ雑誌販売の規制を
  遂行する。



1984年 昭和59年

2010年01月21日木曜日

◆東京 池袋に初の「キャバクラ」(キャバレークラブ)が誕生。
  同年新宿にもオープン。

◆首都圏のトルコ風呂では3Pが人気になる。(二輪車)

◆東京 五反田の「ピンサロ」では個室全裸二輪車が登場。

◆東京 歌舞伎町では女の子選びが、できるよううにマジックミラーを導入。
  他店にも波及する。

◆「イメクラ」がアングラで産声をあげ誕生する。新宿 歌舞伎町「スーパーギャル」。
  痴漢電車の部屋・ストリップの部屋・SMの部屋などがありイメクラの原型となった。

◆オフィースイメクラの原型「プレジデント企画」が歌舞伎町にオープン。

◆東京 巣鴨の「ピンサロ」で「大車輪」サービスの元祖となる40分くわえっぱなしの
  口攻撃が登場。

◆東京 吉原でトルコ風呂専門テレホンサービスが発足。

◆川崎 堀之内に白人女性だけの「トルコ風呂」が登場。

◆九州のピンサロチェーン「桃太郎」が74店舗と拡大し流行する。

◆電話ボックスのピンクチラシが「貼る型」から「ぶらさげ型」になる。

◆売春防止法施行で赤線は廃業し9万人前後の赤線女性の何割かは、ヤクザの
  管理売春の黒線に流れていった。

◆【風俗営業の規則及び業務の適正化等に関する法律(新風営法)施行】

◆元日本留学生のトルコ人が「トルコ風呂」の呼び名変更を訴える。



1983年 昭和58年

2010年01月20日水曜日

◆東京 新宿に各種風俗を集めた「ティスニー」がオープン。

◆東京 歌舞伎町にミニスカートがまくれ上がる通風口を完備した「ファッションヘルス」
  「アメリカンクリスタル」がオープン。

◆東京 渋谷にオール外人の愛人バンクが登場。

◆東大オーナーの「赤門倶楽部」が銀座にオープン。早大生オーナーの
  「ブスッ子倶楽部W」が新宿にオープン。

◆東京 池袋に複合射精産業ビルがオープン。オーナーは現役女子大生。

◆学生経営の「のぞき喫茶」が誕生。

◆千葉 栄町では人妻による早朝営業が人気。また実の3姉妹トルコ嬢
  (21歳22歳23歳)が話題になる。

◆大阪 西中島南方地域に、80軒ものマントル・デートパブが集中し¨マントル銀座¨
  と言われる。

◆神戸 福原ではトルコ嬢×ゲイ×お客の変則店が話題になる。

◆札幌 ススキノに複合射精産業ビルがオープン。この頃の北海道のトルコ風呂は
  101軒。

◆【風俗営業の規則及び業務の適正化等に関する法律(新風営法)公布】

◆全国で初めてレンタルルームの営業規則を盛り込んだ東京武蔵野市の
  環境条例が成立。



1982年 昭和57年

2010年01月19日火曜日

◆素人の売春行為が流行る「愛人バンク」などの買春システム等も存在。

◆東京 新宿2丁目の「ゲイバー」がこの年300店突破をする。

◆東京 新宿に女性専用トルコが誕生。

◆東京 新宿に「5ドアーズ」がオープン。個室ビデオボックス・個室テレホンゼックス
  ビニ本コーナーを備えたお店で翌年には全国で11店に。

◆東京 六本木パブ「バナナバー」では外国人ストリッパーが女性に受ける。

◆東京 渋谷に「出張ホストクラブ」第一号店「ロッキー」が誕生。

◆大阪 十三では昼サロが流行。40軒を超える。

◆名古屋の「トップレス パブ」「ロングビーチ」が「連れだ出しパブ」を誕生させる。

◆この頃の札幌 ススキノでは複合店が流行する。
  (ノーオアン+のぞき部屋+トルコ風呂)

◆マントルに代わってホテルに女性が同行するホテトルが流行。

◆全国のラブホテルは推定35000軒を突破し。売り上げは3兆円にも達する。

◆裏ビデオ「洗濯屋ケンちゃん」が出回る。



1981年 昭和56年

2010年01月18日月曜日

◆滋賀 雄琴と東京 吉原のトルコ風呂にオカマのトルコ嬢が出現する。

◆この年の3月に東京 新宿に初の「マントル」(マンショントルコ)が誕生。
  10月には都内に50軒12月には200軒に増加する。

◆東京 新宿歌舞伎町のノーパン喫茶は90数軒、大阪は120軒、全国では500店
  にも達する。

◆東京 渋谷に女性のオナニーをのぞき見る「のぞき部屋」の第一号店
  「シアター4・5」が誕生。

◆東京 吉祥寺に本番ピンサロ店が増えだす。

◆東京都内に台湾・韓国バーが急増する。

◆金沢市に北陸地方初のゲイバーがオープン。

◆香川 高松に男2人女2人のスワップ トルコが登場。

◆全国のピンサロで「生尺」「口内発射」が定着。

◆東京 新大久保にセーラー服、ウエディングドレス、痴漢ごっこなどのプレイを
  売りとするホテトルがオープン。



1980年 昭和55年

2010年01月17日日曜日

◆東京に素人女子大生がホステスの『キャンパス パブ』が誕生。

◆東京 六本木にSMクラブ「ブルーシャトー」がオープン。
  次第にSMクラブが増えだす。

◆東京 池袋に東京初の「ノーパン喫茶」がオープン。

◆この頃の池袋の文芸坐横の路地には10軒以上の「ピンクサロン」が乱立
  ¨オ○ンコ横丁¨と呼ばれる。

◆ラブホテルのスワッピングの間が人気になる。

◆大阪にオープンしたノーパン喫茶「アベノ スキャンダル」がトップレス姿の
  ウエイトレスを登場させノーパン喫茶ブームの火つけ役になる。

◆京都 金閣寺のそばに「ノーパン喫茶」「モンローウォーク」がオープン。



1979年 昭和54年

2010年01月16日土曜日

◆ニュー風俗誕生年。京都に「ノーパン喫茶」の誕生 のぞき部屋なる新型ストリップ。
  “ホテルに出張してのトルコサービス”ホテトル。
  マンション内で行なわれたマントルなどの誕生。

◆東京 六本木にSM専門ホテル「アルファイン」がオープン。

◆東京でレンタルルームがブーム。

◆千葉 栄町に双子のトルコ嬢が登場して話題になる。

◆滋賀 雄琴温泉で歯をぜんぶ抜いたトルコ嬢(23歳)が人気。後に吉原へ移る。



1978年 昭和53年

2010年01月15日金曜日

◆東京 高円寺・吉祥寺・国分寺が「三寺ピンク地帯」と呼ばれだす。

◆男性の下着に「ビキニ・超ビキニ・逆三角形のバタフライ」が販売される。

◆京都に「ノーパン喫茶」一号店「ジャーニー」がオープン。

◆大阪に個室マッサージが初めて登場しシコシコサービズで大人気。

◆横浜に¨覆面サロン¨がオープン。

◆東京 渋谷にホモ・ホテルがオープン。

◆札幌 ススキノに総工費13億円の豪華トルコ風呂が登場。

◆「蜂蜜洗い」「パウダー洗い」と新テクニックが開発され盛んになる。

◆静岡に宴会にコンパニオンガールを派遣する会社が誕生。
  若さ・手軽さで芸者さんをおびやかす人気となる。

◆この年、大阪の電話帳に「アダルトショップ」という項目ができる。



1977年 昭和52年

2010年01月14日木曜日

◆警視庁が、売春関係事犯の全国一斉取締で700名以上検挙。
  吉原のトルコ風呂「早乙女」を管理売春容疑で摘発。

◆トルコ風呂に「バイオレンス・サービス」が広まる。最初に「ツボ洗い」で1回
  「ベット」で1回全て生本番。また無制限本番サービスも登場。

◆東京 池袋西口では客引きがボックスに入ってお客を誘うようになる。
  (近郊の飲食店ともめたため) 

◆ピンクキャバレーのチェーン店「ハワイ」が全国で1000店に達する。

◆ピンクサロンブーム。

◆大手ピンサロチェーン「ベニス」の本社が強制捜査を受ける。

◆大阪 十三で町ぐるみの「アルサロ」が開催される。

◆新大阪駅前の秘密クラブが摘発。

◆大阪の梅田やミナミでは「本番おしぼりサロン」が急増し「ピンクサロン」も
  本番時代に突入する。

◆この頃の大阪のストリップ劇場の新聞広告には、「濃厚大浣腸・外人大本番・
  白黒白狂乱・黒白黒淫交・日本初3回転迫力壮絶」などの文句が踊りだす。

◆この頃の全国のトルコは1345軒。

◆ロリコン同人誌が初めて誕生。



1976年 昭和51年

2010年01月13日水曜日

◆オイルショックの中で、高級店「金瓶梅」や「アラビアンナイト」がオープン。

◆東京 吉原に女性オーナーの「トルコ風呂」「エジプト」がオープン。 
  女性オーナーのはしり。

◆川崎 堀之内に入浴料3万円、サービス料金3万円の豪華トルコ風呂が
  相次ぎオープン。

◆大阪 ミナミのマンモスキャバレー「美人座」が閉鎖。

◆この頃の全国のトルコは1240軒。前面禁止は青森県。建設可能地域が
  山間へき地などのため山形 群馬 長野 富山 福井 奈良の6県も0軒。

◆新婚インポテンスが急増。



1975年 昭和50年

2010年01月12日火曜日

◆「ピンサロ・ピンクキャバレー」に押されて有名キャバレーで「本番サービス」が
  始まる。

◆不況のため東京 銀座の高級ホステスがトルコ嬢に転身しだす。

◆東京 新宿・渋谷で電話でセックスごっこの相手をする「テレホンセックス」が誕生。

◆東京 渋谷にピンサロ「メキシコ」の第一号店がオープン。

◆全国で「ストリップ」史上最大の手入れが行なわれ4000人のストリッパーの内
  2000人が検挙され¨魔の9月¨と後に呼ばれる。

◆岐阜のトルコ風呂がパートナーチェンジ方式、オージー方式を始める。

◆東京にホモ専門店サウナが登場。四谷にはホモ・ホテルがオープン。

◆ラブホテル専門のビデオレンタル会社が設立される。



1974年 昭和49年

2010年01月11日月曜日

◆3人から4人の女性を用意しトルコ風呂サービスを行なうモーテルが誕生。

◆OL風の出張トルコが急増。

◆この年の4月までに、ストリーキング被害は全国で25件。
  ストリーキングが増えだす。

◆全国に390のチェーン店を持つ「ハワイ」東京都内には42店。

◆東京では「大人のおもちゃ祭」が開催される。

◆「エマニエル夫人」が大人気。

1973年 昭和48年

2010年01月10日日曜日

◆デラックスなホテルの象徴「目黒エンペラー」がオープン。

◆東京 渋谷に五月にどりが、ホテル・ニッポンをオープン。

◆埼玉 大宮市にバイオレンス・トルコ(SMプレイの入った)が誕生。

◆千葉 栄町で「イス洗い」が人気になる。

◆「トルコ風呂」メッカの滋賀の雄琴が最盛期を迎える。

◆団体旅行で滋賀の雄琴のトルコ風呂をコースに入れた「トルコ・パック」が
  人気になる。

◆函館・焼津・下関の遠洋漁業地帯を渡り歩くトルコ嬢が急増。

◆この頃の全国のトルコは1148軒。

◆この年トルコ取締りの原点となる¨広島方式¨が条例の一部改定で生まれる。

◆青山に日本初のアンナミラーズがオープン。ウェイトレスの制服は胸を強調する
  独特のデザインで人気が高いアンナミラーズ。後に風俗コスチュームの定番になる。
  更に萌えなどの文化にも影響を与えたりと制服のデザインは本物。



1972年 昭和47年

2010年01月09日土曜日

◆東京都教育委員会が現場の教師のために「性教育の手引き」を作成。

◆東京 赤坂を中心にホテルやロビーや街頭でお客を引く東南アジアの女性が登場。
  これが有名な「じゃぱゆきさん」。

◆東京・大阪を始め大都市の「トルコ風呂」が飽和状態になり中都市の
  高松・秋田・水戸などに進出が始まる。この頃はフルコースサービスが定着する。

◆千葉 栄町のドブで熱帯魚のグッピーが繁殖。お湯と一緒に排出される精子が影響
  と推測される。

◆那覇、宮崎市にトルコ風呂の第一号店がオープン。

◆「ピンクサロン」で¨おしぼり&シコシコサービス¨が大流行。

◆東京にSMスナックが誕生。

◆ラブホテル専門の内装設計事務所が誕生する。

◆全国では第二次ベビーブーム。



1971年 昭和46年

2010年01月08日金曜日

◆滋賀県 雄琴温泉に「トルコ風呂」第一号店「花影」がオープン。
  後に日本一のトルコ風呂のメッカとなる。

◆『ピンサロ』「ベニス」チェーンの肉弾サービス秘部への指入れが話題となる。

◆大阪のバーや旅館で、処女性と飲み食い、セックスした代金に公給領収書を
  発行することが流行。万博後生まれたアイデア。

◆札幌 ススキノのトルコ風呂に「二輪車」が登場。

◆大人のおもちゃは、見るもの 音もの 性の刺激薬類 性の道具 雑品に分類され
  3000種類を超える。電動バイブ「熊ん子」が発売ヒットし50万個売れる。

◆この年 全国的にさまざまな呼び方をされていたものが『ラブホテル』と定着する。



1970年 昭和45年

2010年01月07日木曜日

◆沖縄でも売春防止法が施行。

◆東京 銀座の一丁目~八丁目にあるバークラブ キャバレーは1565軒を数える。

◆東京近郊でモーテルが急増。 神奈川に203軒 埼玉に227軒 千葉212軒。

◆東京 新宿のアベックホテル街に関西のパンマが大量に進出。

◆千葉 栄町で「王」の字のつくか「トルコ風呂」3店が「王宮泡踊り」、「トルコ石亭」が
  「石亭流泡踊り」を開発。

◆静岡 浜松では名物のステッキガールは350人になり全盛期(1963年頃)の
  4分の1になる。

◆全国的に女子高生の売春が流行。16歳の女の子が多かったことから
  十六売春と呼ばれる。

◆ラブホテルのデラックス化が急速に進み 回転ベットやローリングベット、
  空中ブランコベットなど震動ベットが全国に広まる。

◆この頃、埼玉の国道7号線が「モーテル街道」と呼ばれる。

◆ラブホテル専門のリネンサプライ(クリーニング)会社が設立される。

◆幻覚剤としてLSDが麻薬として指定される。



1969年 昭和44年

2010年01月06日水曜日

◆「ハワイ」南国風の1960年~1969年までの風俗にいた薔薇嬢が世界に誇る
  大発明の“泡踊り”を発明。

◆千葉県の栄町の「石庭」では、王流マットプレイに更にアレンジを加え、
  石庭流“潜望鏡や椅子プレイ”なる技を考案

◆高級店入浴料5000円の「川崎城」が開店。世界に誇る大発明の“泡踊り”を
  トルコ嬢全員に義務づけ大繁盛。

◆東京 渋谷に女性専用キャバレーガオープン。

◆東京 池袋に初の「レンタルルーム」「ミロワール」が誕生。

◆大阪 梅田に点滅する多数のストロボライトを使用した「ゴーゴークラブ」が
  人気になる。

◆おさわりサロンが全盛。

◆温泉マークに盗聴器を仕掛け録音したテープが出回り始める。

◆「ラブホテル」「モーテル」の総鏡張りが人気になり、室内もファッション化が進む。

◆大阪で、それまでの桜宮・上六・十三界わいに加え、生玉にラブホテル街ができる。

◆モーテルでの刑犯罪が全国で300件を超え警視庁が防犯指導の強化を指示。

◆この頃の全国のおもちゃ屋は約1500店。組合が【全国観光用品連合】が設立。

◆この年、シースルールックが登場。



1968年 昭和43年

2010年01月05日火曜日

◆東京 六本木にディスコの草分け「MUGEN」がオープン。

◆東京 新宿にセクシー下着の専門店「マルゴ」がオープン。

◆東京 吉原のトルコ風呂2店が‘ベッドマナー‘と名づけた本番サービスを開始。

◆東京 浅草で『タッイチサロン』のチェーン店(3店)が濃厚サービスで人気。
  『ピンクサロン』(ピンサロ)の濃厚サービス合戦が始まる。

◆大阪ではおっぱいから母乳を飲ませるホステスが人気になる。

◆大阪 ミナミにカフェ・バーが誕生。

◆ゴーゴー喫茶が非行の巣として問題化になる。



1967年 昭和42年

2010年01月04日月曜日

◆東京大森海岸に、当時としては破格の入浴料3000円という豪華トルコ
  「歌麿」がオープン。

◆東京 浦田に「キャバレー」「ハワイ」の1号店が誕生。後に旋風を巻き起こし
  1977年に1200店にも及んだ。

◆東京 大森に豪華トルコ風呂「歌麿」がオープン。川崎の「王城」が
  ボディ洗いを始める。

◆千葉 栄町の「トルコ風呂」に二輪車サービス 巨大ベットが登場し、関東地方
  3大トルコ風呂地帯となる。

◆大阪で「ヒット」という小型キャバレーが誕生、初めて『ピンクサロン』
  という呼び名を用いその後全国へ

◆歌手の五月みどりが東京 大久保に「ラブホテル」「ホテル・ニッポン」をオープン。

◆警視庁保安課が「トルコ風呂」の取り締まりをこの年強化。



1966年 昭和41年

2010年01月03日日曜日

◆【風営法】改正によりトルコ風呂を「個室付浴場(サウナ)」として許可。
  江戸後期からの花街堀之内が初めて歴史の表舞台へ。

◆吉原 地名から消える。

◆お客さんにコンドームを無料で渡したり5回以上で1回無料とサービス合戦が激化。

◆日本初の「ホストクラブ」「ナイト東京」が東京 八重洲口に誕生。

◆東京 赤坂にクラブ「月世界」がオープンし15人のバニーガールが登場。

◆東京 新宿に2軒のゴーゴー喫茶が登場。警視庁の分類では「キャバレー」とし
  「少年キャバレー」と呼ばれた。またこの年流行。

◆バーやクラブが乱立「ホステス」は全国で35万人を超える。

◆風俗営業等取締法の改正公布される。



1965年 昭和40年

2010年01月02日土曜日

◆東京 麻布に日本初の『テレホンクラブ』「クラブ東京」が誕生。

◆モンキーダンスが大流行。

◆マイカー族が急増でモーテルが定着。



1964年 昭和39年

2010年01月01日金曜日

◆東京 新宿に初のバニガールは誕生。

◆日本電電公社が都内23区の電話ボックスのビラ防止のため
  「通話以外の立ち入り禁止し」と記した標示を掲示する。

◆神奈川 横須賀市汐入町のバー街が「黒人横丁」と呼ばれる。
  (米兵さんをおとくいにしたため)

◆東京オリンピックに「コンパニオン」が登場した事をきっかけに以後、
  ホステスを「コンパニオン」と呼ぶバーやクラブが相次ぎ定着する。



1963年 昭和38年

2009年12月31日木曜日

◆「パンマ」と呼ばれるあんま師(マッサージ)売春の流行。

◆「同伴喫茶」や「深夜喫茶」がピークを迎え、都内だけで2000軒以上存在し
  青少年犯罪(飲酒、喫煙、不純異性交遊、睡眠薬遊び等の薬物乱用)の
  温床として問題と補導も26万人。

◆全国のヌードスタジオは約300軒。

◆東京 上野に『おさわりバー』が誕生。

◆東京にラブホテル専用のリネンサプライ業者が登場。

◆静岡 浜松では名物「ステックガール」が全盛期を迎え1500人に。

◆警視庁が東京オリンピックの洗浄作戦の一環として、都内で検挙が始まる。



1962年 昭和37年

2009年12月30日水曜日

◆東京 新宿歌舞伎町などに暴利をとるもぐりのキャバレーが続出。

◆禁止されていた深夜喫茶に代わって、背の高いソファを仕切りにした
  同伴喫茶が流行。

◆この頃の東京のポン引きは800~1000人で、1人あたり20人前後の女性を
  管理していた。

◆トルコ風呂は設備競争時代に入り。趣味を凝らした江戸風・御殿風など
  相次ぎ登場した。

◆ラブホテル専門にコンドームを卸す会社が誕生。

◆女性の下着がブラジャーとパンティだけとなり、スリップが消えた。



1961年 昭和36年

2009年12月29日火曜日

◆少女ホステスが急増し補導される。

◆関西から九州で外人(ハーフ)のストリッパーが人気になる。

◆デートガールに暴力団の進出が急増し¨やらずぶったくり¨が横行する。

◆「ラリる」と言う新語が誕生。



1960年 昭和35年

2009年12月28日月曜日

◆神奈川 川崎に初のトルコ風呂「京浜トルコ」誕生。
  後に堀之内は一大トルコ風呂地帯となる。

◆東京 吉原の料亭松葉屋の「おいらんショ-」が、はとバスの
  「夜のお江戸コース」に加えられる。

◆都内の「トルコ風呂」に30センチ角のガラス窓の設置が義務づけられる。

◆都内は「連れ込み旅館」ラッシュで2700軒を超える。

◆見せる下着が流行りファッションショーも盛んになる。 
  「かっこいい」と言う言葉が新語として登場。



1959年 昭和34年

2009年12月27日日曜日

◆「風営法」改正により「風俗営業等取締法」と改称。

◆東京で結婚相談所を装った秘密コールガールクラブ「永田クラブ」が摘発。

◆東京 高円寺には「シコシコサービス」の和風バーが登場。

◆東京 新橋界わいにショートコースの街娼が出現し値崩れが始まる。

◆東京の喫茶店「ロマンスルーム」が流行。

◆東京の「トルコ風呂」では「おスペ」が一般化。

◆この頃の熱海の芸者置き屋は275軒。

◆セミプロの芸者やガイドガールが流行。



1958年 昭和33年

2009年12月26日土曜日

◆【売春防止法】施行。

◆吉原が赤線廃業宣言とともに吉原の終焉 移行吉原は「トルコ風呂」に転業。
  全国で100軒 東京都内の「トルコ風呂」が67軒 吉原には33軒できた。

◆午前0時をもって全国の赤線3万9000軒の火が消え400年近い性の伝統が終焉。

◆吉原に元赤線業者が経営するトルコ吉原として「東山」開店 。

◆東京 有楽町に「キャバレー」「チャイナタウン」がオープン。
  チャイナスタイルで東京を席捲。

◆東京 新宿の三越裏にあった「ゲイバー」「蘭屋」が三丁目に移転。
  以後三丁目がメッカになる。

◆東京に「おさわり喫茶」が誕生。

◆大阪 ミナミの「アルサロ」でマッチ一本が燃えている間バストを見せる
  サービスを開始。

◆大阪 桜宮に西日本初のコンクリート建築の「アベック旅館」「銀橋荘」がオープン。

◆ピンク色の口紅が販売され赤という常識が崩れる。同時に下着のカラー化がすすむ。



1957年 昭和32年

2009年12月25日金曜日

◆東海地区の赤線業者が全国にさきがけ廃業を宣言

◆東京 吉原最高級赤線「ロビン」が閉店。

◆大阪 飛田新地界わいで10代の少女のポン引きが出没。

◆この年からバレンタインデーチョコを新宿メリーチョコレートで販売…売れたのは3枚。

◆熱海でモーテル第一号店が営業開始。

◆赤線 青線が下火になるがさまざまなもぐりの売春が横行し始める。

◆横浜に「ネグリジェサロン」がオープン。

◆寿司屋や小料理屋から呼ばれ相手をする派遣芸者が登場。



1956年 昭和31年

2009年12月24日木曜日

◆アベック喫茶 ロマンス喫茶 ロウソク喫茶などの深夜喫茶が流行。

◆東京の特殊浴場「トルコ風呂」は50軒になり本番サービスが行われていると
  噂になる。

◆東京 湯島に鉄筋5階建ての「連れ込み旅館」「かりがね荘」がオープン。
  「ラブホテル」の近代化の先駆け。

◆悪質な美人局などがはびこる暴力売春街が「黒線」と言われる。

◆新東宝映画「女眞珠王の復讐」で初の全裸シーンが話題になる。

◆日本政府【売春防止法】を公布。

◆東京の都内の赤線女性が【東京都女子従業員組合連合会】を結成。

◆全国の赤線女性が【全国接客女子従業員組合連盟】を結成。



1955年 昭和30年

2009年12月23日水曜日

◆東京 渋谷「渋谷石亭」がオープン。

◆静岡 浜松市に「ステッキガール」が誕生し人気になる。

◆大阪 ミナミに「コンパ」という円型カウンターのグランドバーが誕生。

◆クリスチャン・ディオールのAラインHラインをもじって女学生の間で、
  A(キス)B(ペッチィング)C(セックス)と言う言葉が広がる。

◆東京 銀座に「オンケ」や女性も飲みにいける「ゲイバー」「青江」がオープン。

◆日本政府、売春問題の増加に対し立案し【売春問題連絡協議会】を
  この日閣議にて了解、この機関を内閣にを設置。



1954年 昭和29年

2009年12月22日火曜日

◆東京 新宿周辺では、1年間に20軒以上の「連れ込み旅館」がオープン。

◆「コールガール」がお客の自宅へ出張する売春形式が登場する。

◆大阪でアルバイト女性にお酒の相手をさせるアルバイト料亭が登場。
  後の『ホステス キャバ嬢』の原型が産声を上げる。



1953年 昭和28年

2009年12月21日月曜日

◆東京近郊に「SOTEL」という看板の連れ込み旅館が登場。

◆東京では悪質社交喫茶、暴力女給が横行する。

◆東京 渋谷で即尺婆さんが逮捕される。

◆東京 浅草の「ストリップ劇場」は12軒で全盛期を迎える。

◆「トルコ風呂」が急増し全国で70軒。
  内都内は20軒で、浅草の「トルコ風呂」では「ホステス」が手で発射させる
  『おスペ』サービスも出現し全国に広まる。

◆ノースリーブの服が流行。シュートスカートも登場。
  下着ショーも盛んになり第一次下着ブーム。



1952年 昭和27年

2009年12月20日日曜日

◆長崎 佐世保市で傷害事件が多発し「ポン引き」48人検挙。

◆東京 浅草 池袋 錦糸町に個室つき「トルコ風呂」が誕生。

◆吉原には建坪60坪、総工費5000万(一説には2000万)の
  豪華特飲食「ロビン」がオープン。

◆東京 新橋にヌードスタジオ第一号店「折鶴」が誕生。
  後に虎ノ門・神田・新宿へと広がる。

◆札幌 ススキノにも「トルコ風呂」がオープン。

◆「パンマ」という言葉が流行。

◆東京 新宿二丁目で「アルバイトサロン」がオープン。アルサロ ブームにもなる。



1951年 昭和26年

2009年12月19日土曜日

◆東京 銀座に「東京温泉」の開業、日本での「トルコ風呂」の基礎原型となる。

◆東京 渋谷の「キャバレー」「クラブ渋谷」は、2階から隣の連れ込み旅館に
  入れると人気。

◆東京 浅草のストリップ劇場では「ハシゴショー」が始まる。
  アーチ型のハシゴを舞台から客席の奥まで架けて「ストリップ嬢」が
  行き来するというもの。

◆神奈川 横須賀市のパンパンは5000人~6000人に達する。

◆長崎 佐世保市へ米兵目当ての「パンパン」が全国から集まり市が
  貸席業の許可制を復活させる。

◆東京 浅草公園で全国から1500人の赤線女性が参加して
  【東京女子従業婦組合】結成・設立。

◆赤線地区の周辺では子供たちの間で「パンパン遊び」が流行。



1950年 昭和25年

2009年12月18日金曜日

◆東京 浅草の国際小劇場が「ストリップ劇場」に転向する。

◆さらにこの年、東京 浅草に「フランス座」「カジノ座」がオープン。

◆一方東京 新橋駅の西口通りから浜松町方面にある連れ込み旅館は200軒余り。

◆東京 浅草の「国際セントラル劇場」の「天女の足の裏」が大当たり。
  客席の天井にレールを設置してストリッパーをワゴンに乗せて走らせていた。

◆大阪 ミナミに日本初の「同伴喫茶」が誕生。
  1965年には全国で3000軒にまでブームになる。

◆この頃から売春に応じる「マンマ」(マッサージ師)が登場し急増し
  「パンマ」と呼ばれていた。

◆東京の有名な「ゲイバー」は銀座「ブランズウイック」新宿「夜曲」
  渋谷「新大和」が有名。
  中でも銀座「ブランズウイック」は三島由紀夫の小説「禁色」にも登場。
  新宿「夜曲」は歌舞伎俳優のママがオネエ言葉を使う店として人気になる。



1949年 昭和24年

2009年12月17日木曜日

◆ストリップの勢いは止まらず。
  「新宿セントラル劇場」「池袋アバンギャルド」などの専門店がオープンし
  京都では『特出しストリップ』のメッカとなる「A級伏見」がオープンする。

◆浅草の「美人座」がオープン。

◆東京 銀座に「チェリークラブ」と称する移動秘密クラブの存在が判明。
  仲介役は町の『サンドイッチマン』が務めていた。
  女性数は120前後でホテルやクラブでアロショーや売春をしていた。

◆東京 吉原では「新吉原カフェ喫茶共同組合」が「日本独自の伝統芸術」として
  『おいらん道中』を復活させる。

◆東京で夜の女の登録制が実施される。

◆この頃都内には10軒の「大人のおもちゃ屋」が存在し「器具屋」と呼ばれていた。

◆横浜に未亡人サロン「メリー ウィドゥ サロン」オープン。

◆大阪で女装した『ゲイバー』「ジュネ」がオープン。



1948年 昭和23年

2009年12月16日水曜日

◆浅草でストリップブーム。「百万弗劇場」を皮切りに「すみだ劇場」「常磐劇場」
  「大都劇場」「ロック座」などが幕間にストリップを公演しだす。

◆東京都内には社交喫茶が溢れ。その数476軒にもおよび当時の人は
  「性交喫茶」と呼んでいた。

◆東京 近郊に「アベック ホテル」と書かれたホテルは登場し若者に人気となる。
  さらに隅田川べりに停泊するダルマ船もアベック ホテルとして利用されていた。

◆この年に、田中警視総監がオカマに殴られた事件が起こる。
  上野公園・不忍池一帯が夜間立ち入り禁止となり取り締まりもきびしくなったため
  パンパンとオカマは新宿に大移動する。



1947年 昭和22年

2009年12月15日火曜日

◆「ストリップ劇場」東京都新宿角筈(現在の新宿三丁目)の「帝都座」で
  名画アルバムという催物として始まった。
  ショーは10秒と短く当時の男性は必死に目をこらし見つめた。

◆浅草の「ロック座」がオープン。

◆長崎 佐世保に『キャバレー』「宝塚」がオープン。
  その後仕官用クラブ「マツ オフィサーズ ロッジ」もオープン共に大繁盛する。

◆女性のモンペがスカートに変わる。

◆昭和期最高のベビーブーム。 出生数は267万8792人。

◆大阪で「奇譚クラブ」(きたんくらぶ)が増刊される。
  1952年頃からはSM色が濃くなり、日本初のSM誌となる。

◆吉原の女性が集まり「新吉原保健組合」を設立。



1946年 昭和21年

2009年12月14日月曜日

◆赤線・青線地帯、特殊飲食店の誕生。
  東京で16ヵ所全国で662ヵ所が指定され娼婦は約5万人とも言われている。

◆赤線地区は吉原、玉の井、州崎、新宿二丁目、、亀有、立石、新小岩、亀戸、
  品川、武蔵新田、調布、立川、八王子、川崎の南町にあった。

◆青線地区は新宿花園町現在のゴールデン街周辺が青線と言われ、
  川崎、堀の内にあった。ただ青線は昭和23年頃誕生したとも言われている。

◆一方パンパンは新橋、上野、銀座、皇居前広場、東京駅周辺、渋谷、池袋、浅草など
  人が集まる所に街娼(街頭で客をさそう売春婦)が見られた。

◆この年の1月末に警視庁は初めて街娼の検挙を実施、東京で18人
  横浜市高島町付近で30人の街娼が検挙された。
  3月には品川付近で約300人が検挙される。
  8月全国一斉街娼の取締りが実地1万5600人が検挙。

◆遊廓が特殊喫茶として日本人に再開される。
  この時から浮浪児(親や保護者がなく、一定の住居も持たずに
  さまよい暮らす子供。)の客引きが出現。

◆東京及び近郊に『ダンズホール』が相次ぎオープン。

◆東京 池袋に『パンパン・ハウス』の第一号店「池袋ブラックハウス」が誕生。

◆東京 新橋に『ゲイバー』の「やなぎ」がオープン。

◆吉原業者は68軒娼妓301人とされている。

◆大阪に喫茶形式の『ゲイクラブ』の「白鳥」がオープン。

◆米映画「春の序曲」が公開。日本での初のキスシーン映画。
  同年5月日本の松竹映画「はたちの青春」では日本映画初のキスシーンで
  当時のお客は大騒ぎになる。



1945年 昭和20年

2009年12月13日日曜日

◆『パンナン・ガール』と言う言葉がこの頃から広まりだす。

◆東京 吉原遊郭の取り分が楼75/娼25から楼60/娼40に変わる。

◆東京 銀座の松坂屋 お地下に特殊慰安施設協会のキャバレー
  「オアシス オブ ギンザ」がオープン。

◆東京 小岩に特殊慰安施設協会の慰安所「インターナショナル ハウス」が
  オープン。

◆東京 品川に特殊慰安施設協会の黒人専用キャバレー「パラマウント」が
  オープン。

◆大阪の北区では戦後初の『ゲイバー』の「源氏」が誕生。

◆この年の内閣の調べでは、全国の私娼は2043人。
  実際はそれ以上いたと考えられる。



1918年 大正7年

2009年12月12日土曜日

◆「薄野遊郭」が開道50執念記念博覧会の開催に伴い白石に移転し
  「白石遊郭」と呼ばれ売春防止法施行まで続く。

◆大正時代の横浜 外国人向けの娼婦街として国際的に有名となる
  『チャブ屋』ダンスのメッカともなった外国人向け高級娼館で、横浜の
  本牧から大丸谷、親不孝通り、日本橋にかけてがチャブ屋街だった。
  ダンスをしたり体に触ったりした後店外デートをしチャブ屋に戻り
  その2階でサービスを受ける仕組みだった。
  日本人は誰でも入れる訳ではなく。店が認めた人だけが入れる様になっていた。
  チャブ屋は売春防止法まで続いた。



1912年 大正元年

2009年12月11日金曜日

◆「洲崎遊廓」大火。

◆日本人は誰でも入れる訳ではなく、店が認めた人だけが入れる様になっていた。
  チャブ屋は売春防止法まで続いた。



1911年 明治44年

2009年12月10日木曜日

◆吉原大火「吉原炎上」でも有名な出来事。
  吉原歓楽街への正面玄関 大門(おおもん)大火で焼失。
   しかし吉原は不死鳥の如く復活。



1903年 明治36年

2009年12月10日木曜日

◆写真指名システムが始まる「写真見世」。



1900年 明治33年

2009年12月10日木曜日

◆「二本木遊郭」で最大の『東雲楼』の101人もの娼妓から廃業届が出され
  ストライキとなった。



1888年 明治21年

2009年12月10日木曜日

◆東京「根津遊廓」が深川弁天町へ移転し、「洲崎遊廓」と改める。



1884年 明治17年

2009年12月10日木曜日

◆宮沢平吉氏が「海老屋」を買取り「角海老楼」と名付け、時計台付き大楼を建設。 
  遊郭「角海老」の誕生。



1881年 明治14年

2009年12月10日木曜日

◆新吉原大門が鋳鉄製の堅牢な門に建て替えられる。



1878年 明治11年

2009年12月10日木曜日

◆東京 浅草六区に矢場(射的場)誕生。18軒を越え、矢場女全盛となる。



1877年 明治10年

2009年12月10日木曜日

◆熊本市内 京町の遊廓は、新川塘近辺に移り「二本木遊郭」呼ばれるようになった。



1873年 明治6年

2009年12月09日水曜日

◆熊本市内 京町に遊廓が誕生。 西南戦争で焼失。



1872年 明治5年

2009年12月08日火曜日

◆開拓者の士気高揚のためと、「薄野遊郭」が誕生。

◆兵庫「福原遊廓」鉄道敷設のため新福原へ移転。



1870年 明治3年

2009年12月07日月曜日

◆京都祇園で娼妓の検黴(梅毒の検査)が始まる。

◆長崎丸山遊廓検黴(梅毒の検査)並びに病院設置。



1869年 明治2年

2009年12月06日日曜日

◆札幌には飯盛女がいる旅館もあった。開拓者が始めたため。



1868年 明治元年

2009年12月05日土曜日

◆大坂 「松島遊廓」開業許可。

◆兵庫に「福原遊廓」誕生。当時の県知事の伊藤博文によって作られた。



1657年 明暦3年

2009年12月04日金曜日

◆日本橋の吉原遊廓焼失。その後、浅草田んぼに移転。

◆公認された遊廓に対して、非公認の風俗営業を岡場所と呼んでいた。
  江戸後期には吉原をしのいで栄える。

◆岡場所は深川 本所 京橋 日本橋 麹町 神田 下谷 浅草 本郷
  小石川 牛込 赤坂 四谷 麻布 芝など総数は約190箇所で
  品川 内藤新宿 千住 板橋は半公認。

◆当時は「水茶屋」 「湯女」 「飯盛女」 「夜鷹」などもあった。
  「出会い茶屋」もあったがこれは、男女が使うラブホテルのルーツ。



1617年 元和3年

2009年12月03日木曜日

◆日本橋葺屋町(現在の日本橋人形町)に吉原遊廓が誕生。
  遊廓の開拓者・庄司甚内氏。

◆現在も君臨する「吉原三浦屋」400年以上もの歴史を持ち吉原の歴史の中では、
  最高級の女太夫を沢山輩出た、由緒ある大店(おおだな)。



歴史タイムキーパー

2009年12月02日水曜日

風俗の日本での歴史はとても古く、奈良時代前後から始まっていて 
現在では、ソープランド・デリバリー・イメクラ・性感・人妻・SMクラブ・M性感
エステ・オナクラ・ストリップ劇場・ピンサロ・ニューハーフ・のぞき部屋・ドール
出会い系カフェ・セリクラなどの 多彩な業種分けがされており
ユーザーも濃い風俗遊びが出来る時代となっている。 

しかし月に首都圏では約300前後のお店が閉店し同月300前後の開店を
向かえる月もあり移り変わりの激しい業界であることは確かだ。 

元々性的なサービズを指して「性風俗」と呼ばれていたのだがしだいに
「風俗」と称するようになった。 
きっかけは、当初業界内その周囲だけで使用していた用語で、一般的に広まり
認知され、風俗業界を指す意味に定着している。 
マスコミや関連情報誌などでは、「フーゾク」とカタカナ記載される時もある。 
そして働く女の子を「風俗嬢」と呼ぶ言葉も生まれ、更には「フ~ドル」という
アイドルも生まれた。 
また遊びに行き感想風俗レポなどの情報を、突撃レポとして濃い内容を
Web上で紹介しているファンも多い。 

江戸時代ならこけし...昭和はバイブ...平成の世は電マと周辺道具も進歩を辿り。 
今後未来ではアンドロイドまで到達するのかもしれない。 

そんな風俗の歴史を紐解き...少し楽しんでもらいたい。



JOIN HANDS-SITE