風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

第三十一条の二十

2010年11月05日金曜日

 無店舗型電話異性紹介営業を営む者若しくはその代理人等が当該営業に関し
この法律に規定する罪若しくは第四条第一項第二号ロからヘまで、チ、リ、ル
若しくはヲに掲げる罪に当たる違法な行為その他善良の風俗を害し若しくは
少年の健全な育成に障害を及ぼす重大な不正行為で政令で定めるものをしたとき、
又は無店舗型電話異性紹介営業を営む者がこの法律に基づく処分に違反したとき
は、当該行為又は当該違反行為が行われた時における事務所の所在地を管轄する
公安委員会は、当該無店舗型電話異性紹介営業を営む者に対し、八月を超えない
範囲内で期間を定めて、当該営業の全部又は一部の停止を命ずることができる。



第三十一条の二十一

2010年11月04日木曜日

 公安委員会は、無店舗型電話異性紹介営業を営む者に対し、第三十一条の
十九第一項の規定による指示又は前条の規定による命令をしようとする場合に
おいて、当該処分に係る無店舗型電話異性紹介営業を営む者が事務所を他の
公安委員会の管轄区域内に変更していたときは、当該処分に係る事案に関する
弁明の機会の付与又は聴聞を終了している場合を除き、速やかに現に事務所の
所在地を管轄する公安委員会に国家公安委員会規則で定める処分移送通知書を
送付しなければならない。

2  前項の規定により処分移送通知書が送付されたときは、当該処分移送通知書
の送付を受けた公安委員会は、次の各号に掲げる場合の区分に従い、それぞれ
当該各号に定める処分をすることができるものとし、当該処分移送通知書を送付
した公安委員会は、第三十一条の十九第一項及び前条の規定にかかわらず、
当該事案について、これらの規定による処分をすることができないものとする。

 一  当該無店舗型電話異性紹介営業を営む者又はその代理人等が、当該
    営業に関し、この法律又はこの法律に基づく命令若しくは条例の規定に
    違反した場合 善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は
    少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要な指示をする
    こと。
 二  当該無店舗型電話異性紹介営業を営む者若しくはその代理人等が当該
    営業に関しこの法律に規定する罪若しくは第四条第一項第二号ロからヘ
    まで、チ、リ、ル若しくはヲに掲げる罪に当たる違法な行為若しくは前条の
    政令で定める重大な不正行為をした場合又は当該無店舗型電話異性紹介
    営業を営む者がこの法律に基づく処分に違反した場合 八月を超えない範囲
    内で期間を定めて、当該営業の全部又は一部の停止を命ずること。

3  第一項の規定は、公安委員会が前項の規定により処分をしようとする場合に
ついて準用する。



第三十二条

2010年11月03日水曜日

 深夜において飲食店営業を営む者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
 一  営業所の構造及び設備を、国家公安委員会規則で定める技術上の基準に
    適合するように維持すること。
 二  深夜において客に遊興をさせないこと。

2  第十四条及び第十五条の規定は、深夜において飲食店営業を営む者について
準用する。この場合において、これらの規定中「その営業」とあるのは、「その深夜に
おける営業」と読み替えるものとする。

3  第二十二条(第三号を除く。)の規定は、飲食店営業を営む者について準用する。
この場合において、同条第一号及び第二号中「当該営業」とあるのは「当該営業
(深夜における営業に限る。)」と、同条第四号中「業務」とあるのは「業務(少年の
健全な育成に及ぼす影響が少ないものとして国家公安委員会規則で定める営業に
係るものを除く。)」と、同条第五号中「十八歳未満」とあるのは「午後十時から翌日の
日出時までの時間において十八歳未満」と、「を営業所」とあるのは「を営業所(少年の
健全な育成に及ぼす影響が少ないものとして国家公安委員会規則で定める営業に
係るものを除く。)」と、「第二条第一項第八号の営業に係る営業所にあつては、午後
十時(同号の営業に係る営業所に関し、都道府県の条例で、十八歳以下の条例で
定める年齢に満たない者につき、午後十時前の時を定めたときは、その者については
その時)から翌日の日出時までの時間において客として立ち入らせること」とあるのは
「保護者が同伴する十八歳未満の者を客として立ち入らせる場合を除く」と読み替える
ものとする。



第三十三条

2010年11月02日火曜日

 酒類提供飲食店営業を深夜において営もうとする者は、営業所ごとに、当該
営業所の所在地を管轄する公安委員会に、次の事項を記載した届出書を提出
しなければならない。
 一  氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては、その代表者の氏名
 二  営業所の名称及び所在地
 三  営業所の構造及び設備の概要

2  前項の届出書を提出した者は、当該営業を廃止したとき、又は同項各号(同項
第二号に掲げる事項にあつては、営業所の名称に限る。)に掲げる事項に変更(内閣
府令で定める軽微な変更を除く。)があつたときは、公安委員会に、廃止又は変更に
係る事項その他の内閣府令で定める事項を記載した届出書を提出しなければならない。

3  前二項の届出書には、営業の方法を記載した書類その他の内閣府令で定める
書類を添付しなければならない。

4  都道府県は、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は少年の
健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要があるときは、政令で定める
基準に従い条例で定めるところにより、地域を定めて、深夜において酒類提供飲食店
営業を営むことを禁止することができる。

5  前項の規定に基づく条例の規定は、その規定の施行又は適用の際現に第一項の
届出書を提出して深夜において酒類提供飲食店営業を営んでいる者の当該営業に
ついては、適用しない。

6  第十八条の二の規定は、酒類提供飲食店営業(日出時から午後十時までの
時間においてのみ営むものを除く。)を営む者について準用する。



第三十四条

2010年11月01日月曜日

 公安委員会は、飲食店営業を営む者(以下この条において「飲食店営業者」
という。)又はその代理人等が、当該営業に関し、法令又はこの法律に基づく条例の
規定に違反した場合において、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害し、又は
少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれがあると認めるときは、当該飲食店
営業者に対し、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は少年の
健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要な指示をすることができる。

2  公安委員会は、飲食店営業者若しくはその代理人等が当該営業に関し法令
若しくはこの法律に基づく条例の規定に違反した場合において著しく善良の風俗
若しくは清浄な風俗環境を害し若しくは少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれが
あると認めるとき、又は飲食店営業者がこの法律に基づく処分に違反したときは、
当該飲食店営業者に対し、当該施設を用いて営む飲食店営業について、六月を
超えない範囲内で期間を定めて営業の全部又は一部の停止を命ずることができる。



<<前のページへ 123456

JOIN HANDS-SITE