風俗ストーリー

サイトマップ

風俗情報トップ

関東東京|神奈川|埼玉|千葉

歴史タイムキーパー

2009年12月02日水曜日

風俗の日本での歴史はとても古く、奈良時代前後から始まっていて 
現在では、ソープランド・デリバリー・イメクラ・性感・人妻・SMクラブ・M性感
エステ・オナクラ・ストリップ劇場・ピンサロ・ニューハーフ・のぞき部屋・ドール
出会い系カフェ・セリクラなどの 多彩な業種分けがされており
ユーザーも濃い風俗遊びが出来る時代となっている。 

しかし月に首都圏では約300前後のお店が閉店し同月300前後の開店を
向かえる月もあり移り変わりの激しい業界であることは確かだ。 

元々性的なサービズを指して「性風俗」と呼ばれていたのだがしだいに
「風俗」と称するようになった。 
きっかけは、当初業界内その周囲だけで使用していた用語で、一般的に広まり
認知され、風俗業界を指す意味に定着している。 
マスコミや関連情報誌などでは、「フーゾク」とカタカナ記載される時もある。 
そして働く女の子を「風俗嬢」と呼ぶ言葉も生まれ、更には「フ~ドル」という
アイドルも生まれた。 
また遊びに行き感想風俗レポなどの情報を、突撃レポとして濃い内容を
Web上で紹介しているファンも多い。 

江戸時代ならこけし...昭和はバイブ...平成の世は電マと周辺道具も進歩を辿り。 
今後未来ではアンドロイドまで到達するのかもしれない。 

そんな風俗の歴史を紐解き...少し楽しんでもらいたい。



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.completelounge.com/mt/mt-tb.cgi/677

コメントする

JOIN HANDS-SITE