コンプリートラウンジ ニュース
エステ・その他

中野で普通の妻を抱く秘密の家計簿

2011年06月09日

 今日は中野エリア唯一の来店型ホテルヘルス・人妻性感『秘密の家計簿』を紹介しよう。受付事務所はJR中央総武線中野駅南口から徒歩2分の至って普通のマンションの一室にある。

 「中野で風俗。しかも人妻」この言葉を聞いて何か込み上げてくるものはないだろうか?この時点で何かが込み上げてきた方は、相当の手練、遊び人だ。また、何かが込み上げてこない方でも、恐らくこう聞けばきっと込み上げてくるに違いない。「あえて中野の風俗店で働く人妻」いかがだろうか?

 冒頭でもお伝えしたように中野に風俗店はほとんどない。主だった所では店舗型のファッションヘルスが1件。老舗のSMクラブが1件。後はこの『秘密の家計簿』だけである。つまり、中野は「風俗不毛地帯」なのだ。では、なぜこんな風俗不毛地帯である中野をわざわざ選んで女性は働きにくるのだろうか?その答えはただひとつ。「顔バレがしにくい(アリバイ対策)」という事ダケである。

 人妻が風俗で働く動機は、「お金」や「性欲」「愛されたい」など魑魅魍魎、人それぞれ色々あるが、風俗で働くにあたって誰しもが気にする点は「バレないか?」ということ。動機は多々あるが留意点はこのひとつしかない。誰もが当然に風俗で働いている事、風俗で働いていた過去をただひたすらに隠す。

 そこで、女性たちはバレにくそうな土地、見つかり難そうなお店を探すことになるのだが、ただ単に、アリバイ対策を重視し過ぎると、収入面でマイナスが生じる。逆に収入面を重視するとアリバイ対策に支障が生じる。この辺のバランス感覚は非常にシビアである。要は有楽街にある風俗店で働けば相対的にお客の数が多いので、高収入に繋がりやすいが、その反面、顔バレしやすいというデメリットがある。一方、風俗不毛地帯で働けば顔バレこそしにくいが、そこまで高収入を望めないというデメリットがある。「お金を取るか?」それとも「働きやすい環境を取るか?」簡単に言えばこの違いだ。

 ここで、もう一度尋ねてみよう。「あえて中野の風俗店で働く人妻」いかかだろうか?そろそろ何か込み上げてはこないだろうか。

 風俗不毛地帯の「中野」で働く「人妻」は、お金よりも環境面を重視する人妻。もっと端的にいえば、お金よりも風俗で働く事を重要視した人妻。つまり、中野で働く人妻は「お金よりも安心してSEXができる環境が大事!」という考えを持つ女性が多い。どうだろう。込み上げてきたのではないだろうか。

 総括すると『秘密の家計簿』で働く人妻は、一般的な常識を備え真面目で控えめ、そして内心はSEXがしたくて堪らない…という人妻が多数在籍しており、これこそが風俗不毛地帯・中野で働く人妻の最大の魅力という訳である。

 風俗が盛んではない地域だからこそ、普通の人妻が生息する。この事をよくご記憶いただきたい。




秘密の家計簿

中野だから普通の人妻と出会える。


地域:中野 業種:人妻ホテルヘルス

http://www.n-abs.com/



コメントの使い方削除依頼/違反報告