コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

話題の女性向け風俗オーナーが語る

2016年10月07日

話題の「女性向け風俗」オーナーが語る経営の裏側

 ヒカルさんと別れた後、オーナーの【御坊】さんにお会いして話を聞いた。【御坊】さんは、現在2店舗のレズビアン風俗店を経営している。一店目は永田カビさんの本にも出ていた「レズっ娘クラブ」、もう一店は今回、筆者が利用させていただいた姉妹店「レズ鑑賞クラブ・ティアラ」だ。

■キャスト同士では、連絡先等を交換するのは一切禁止

――「レズっ娘クラブ」と「ティアラ」の違いを教えてください。

【御坊】さん(以下、【御坊】) 「レズっ娘クラブ」は、女性のお客さまが利用できる、一緒に出かけたり遊んだりできるデートコース、性的サービスをしてくれるビアンコース、「ティアラ」は、ビアンコース、デートコース以外にも、男性のお客さまや男女カップルの方も楽しめる、レズ鑑賞コースやカップルコース(男性客は鑑賞のみで、プレイ参加は不可)を設けています。

――「レズっ娘クラブ」と「ティアラ」には、それぞれどんなキャスト(女の子)が在籍していますか?

【御坊】 「レズっ娘クラブ」は18歳から24歳と比較的若年層、「ティアラ」は22歳から32歳と「レズっ娘」より、お姉さん系のキャストが多いですね。両店とも、風俗経験はもちろん、男性経験のないキャストも在籍しています。皆、昼間働いている普通の女の子たちですね。いろんな女の子がいますけど、キャスト同士のキャラクターはかぶらないように揃えています。

――風俗経験どころか男性経験のないキャストたちに、どうやって接客方法を学ばせているのですか?

【御坊】 経験のないキャストには、最初、「ティアラ」の鑑賞コースから入ってもらい、先輩の接客やテクニックを学んでもらいます。うちは講習等は一切行っていないので、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)方式で、実務経験を積んで仕事を覚えてもらっていますね。

――キャストは、どのような基準で採用しているのですか?

【御坊】 お店を立ち上げた最初の頃は、風俗誌や掲示板などで募集をかけていましたが、今は広告を出さなくても応募がくるので、広告媒体での募集は行っていません。その代わり、僕自身がイベントなどに積極的に参加することによって、お店の名前を覚えてもらい、HP経由で応募の電話がかかってくるようになりました。

 一次面接として書類審査というか、いわゆる写メ面接を必ず行っているのですが、まずは、写真と自己PRを見て「直感」で売れるかどうか。 二次面接では、喫茶店やファミレスなどで対面面接するのですが、人柄や、やる気、その子の話をよく聞いて、お店に向いているかどうかとか。 あとは、今、在籍しているキャストとキャラクターがかぶらないかどうかで採用を決めています。

 ちなみに、面接で「レズビアンです」と言って入店してきて、(男性と)結婚して寿退社しちゃった子もいますし、「男性としか経験ありません」と入店したのち「彼女ができたので辞めます」って子もいました。 本人がレズビアンかどうかは、あまり気にしていません。

――レズビアンの女の子たちばかりだと、一般的な男性向け風俗店よりもキャスト管理が大変だったりしますか? キャストの管理方法などを教えてください。

【御坊】 キャスト同士で連絡先等を交換するのは一切禁止、キャスト同士で遊びに行ったりなんて、もってのほかです。お客さんに見られて「付き合ってんのか」なんて思われたら困りますから……。仕事後に、キャスト同士一緒に事務所を出て帰るのも禁止です。時間をずらして帰らせています。ほかにも、ビアン系イベントやバーに遊びに行くのも禁止しています。女性のお客さんを相手にしていますので、そのへんは徹底的に配慮してますね。

――キャスト間で起きたトラブルなどがありましたら、教えてください。

【御坊】 先ほどの連絡先交換禁止のルールを作ることになったきっかけにも当たる話なんですが、キャスト同士が付き合っちゃって、別れ話になった時に、そのキャストが過呼吸を起こして、事務所で倒れて救急車で運ばれたことがありました



■「女性ならではの優しさと温かさを知ることができた」

――【御坊】さんの簡単な経歴を教えてください。

【御坊】 関西の大学卒業後、デザイン系の会社に入社したあと、1年ほどで独立してHPの制作会社を立ち上げました。その頃、風俗店のHPの制作依頼が多く、それらを見ているうちに、大阪にはまだなかった女性向けの風俗店を作ってみたらどうかな、と思い立ちました。

――なぜ、男性なのに、女性向け風俗の需要があると思ったのですか?

【御坊】 当時、女性向け風俗店は、関東に2軒と名古屋に1軒あったくらいで、大阪にはなかったんです。 また、その時の共同経営者の1人がバイセクシュアルの女性だったので、話を聞いてみて、それなりに需要があると感じたからです。

――お店を立ち上げる際に、苦労したことなどはありますか?

【御坊】 立ち上げ時の苦労は、特になかったです。HP制作を通じて、他の会社の立ち上げを一から何度も見て経験していたので、「レズビアン風俗を作ろう」と立案してから1カ月後には、お店はできてました。苦労したのは、お店がオープンしてからですね。オープンしてから今年で10年目なんですけど、最初の頃はなかなかお客さんが入らなくて……。

――途中でやめようと思ったことはありませんでしたか?

【御坊】 何度もあります。 うちのお店は、お客さまとキャストとお店の、三者の信頼関係だけで成り立ってるので。特に信頼してスタッフ業務を兼任させていたキャストらに、ノウハウやキャストを抜かれそうになったのが、一番のトラウマです。幸い未遂に終わりましたが、この裏切りは本当にショックでしたね。最近やっと、永田カビ先生の本の影響もありまして、日の目を見るようになってきたといった感じですかね。

――HPには、全国どこでも出張する「長距離出張コース」というものがありましたが、遠方からの予約はどれくらいありますか?

【御坊】 関西以外の遠方からご利用いただいているお客様は、全体の3割程度ですかね。関西エリア外の出張は、名古屋が一番多く、最近減りましたが、東京、横浜などからも呼んでいただいてます。つい最近も、九州まで行きました。

――お客さんとのトラブルや、変わったエピソードなどはありますか?

【御坊】 たくさんあります。もう出入り禁止にした人なのですが、デートコースでキャストをデパートに買い物に連れていって、そこで会員カードを作らせて、それを見てキャストの住所や本名など、個人情報を特定した人がいました……。

――お店をやっていて、よかったことを教えてください。

【御坊】 やっぱり、「利用してよかった!」といったお客さまの声を聞けることですね。「女性ならではの優しさと温かさを知ることができた」という気持ち的なものや、「彼氏とのセックスのテクニックの勉強にもなった」というお声もあります。お店を始める前は、お金のために働いていたところもありますが、お客さまの生の声を聞けるのがうれしいし、励みになります。

――今後の展望などはありますか?

【御坊】 先のことがまったく読めないので……(笑)、いまはお客さまが喜んでくれて、キャストも稼げて、自分もそれで幸せな気持ちになって、「三者ともに良い方向」に向かえることが、一番いいことだと思っています。
(カワノアユミ)


女だって風俗に行きたい。当然のことだと思います。
まだお店が少ないので、どこまですそ野を広げられるかって感じでしょうか



コメントの使い方削除依頼/違反報告