コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

排便を悠然と観察した男を逮捕

2010年11月28日

 女性が用足ししているトイレの扉をこじ開け丸出しの下半身を眺めたとして、岐阜県の会社員(31)が、福井県福井署により逮捕された。逮捕容疑は、強制わいせつと建造物侵入の疑いが持たれている。

 この容疑者は今年2月16日、福井市内コンビニ店の男女共用和式トイレの扉をこじ開け排泄のため、しゃがんでいた20代女性の下半身を“観察”し続けたようだ。同容姿者は、トイレに入る女性をチェックしては好みの女性ばかりを襲っていたものとみられており、「ほかにも数件やった」と供述しているという。

 女性の友人が、福井県警の「レディーステレホン」に相談し、事件が発覚。自らが露出したり、相手に触れたりなどはしていないが、排便中の無抵抗な女性を襲うという悪質な手口を「暴行」と判断し、“強制わいせつ”容疑が適用されたようだ。

 現在、福井署により余罪の検証が進められているというが、恐らく容疑者は洋式ではなく“和式”にこだわって行為に及んでいたものと思われる。




コメントの使い方削除依頼/違反報告