コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

千葉県で風俗案内所が規制対象に

2010年11月20日

 キャバクラや性風俗店などの情報を提供する「風俗案内所」の営業を規制する条例案が、千葉県議会の12月定例会で可決される見込みであることが19日、分かった。もし、可決されれば6月1日から施行される予定で、案内所の規制条例は大阪府や東京都などに続いて5例目になる。

 県警風俗保安課によると、千葉県内では2001年頃か案内所が目立ち始め、現在は千葉、市原、船橋、木更津市で計18店が営業している。風営法の対象外で営業時間や地域の規制がなく、生活環境や未成年者への影響が懸念されていた。このため県や県警では、案内所も風俗店と同様の影響を地域生活に与えているとして、条例によって風営法と同様の規制を行うことにしたようだ。

 条例では、営業の届け出を義務づけるほか、午前0時から日の出までの営業、18歳未満の立ち入り、性風俗営業の禁止地域での性風俗案内などを禁止。違反した場合、6月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科される。

 業界を取り巻く環境は年々厳しく規制されていくが、くれぐれも法を守って健全な営業に努めてもらいたい。




コメントの使い方削除依頼/違反報告