コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

小学校で王様ゲームをした教諭

2010年10月27日

 埼玉・入間市の小学校で、男性教諭(59)が6年生の児童に罰と称したセクハラ行為を頻繁に行っていたことがわかった。男性教諭は罰を選ぶ際、自身で作った「セクハラサイコロ」なるサイコロを児童に振らせていたという。

 この「セクハラサイコロ」とは、通常のサイコロの目部分をセクハラ行為に作り変えた王様ゲーム的なモノで…教諭は、何かにつけて児童に「セクハラサイコロ」を振らせ、出た目に書かれた内容を罰として行っていたようだ。

 サイコロの目には、「キス」や「ハグ」などの軽いノリのものから「鼻くそ」や、顔と尻を触る「顔ケツタッチ」、「先生とずっと恋人」と宣言して指切りをする「恋人指切り」などが記されていた。

 同校の調べでは、去年3月まで勤務していた入間市の別の小学校でも、セクハラサイコロを使っていた事が分かっており、男性教諭は「サービス精神でやった」と語っている。

 実際に使用された「セクハラサイコロ」は下記の通り。ちなみに男子への出目は「ゆるす」ばかりだったとか…。







コメントの使い方削除依頼/違反報告