コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

スカウトの取り締まりを強化

2010年10月23日

 大阪・ミナミをメインにスカウト活動を行っていたスカウトグループ『ギャグナ』の代表者(31)が、職業安定法違反容疑(有害業務への職業紹介)で21日、逮捕された。

 同グループは、スカウトマン約40人で構成され、大阪・ミナミや京都の繁華街を中心に活動。勧誘した女性らは主に風俗店に紹介され、店側からは売上げの約15%を紹介手数料として徴収していた。徴収した額は年間約2億4千万の収益があったとみられている。

 今年6月には東京でも都内最大級のスカウトグループが摘発されるなど、再びスカウト活動への取り締まりが強化されているようだ。




コメントの使い方削除依頼/違反報告