コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

事件の接点は出会い系喫茶

2010年09月28日

 東京・東池袋のラブホテルで私立大に通う女性(22)の遺体が見つかった事件で容疑者とされる無職男性との接点は出会い系喫茶である事が判明した。

 この事件は、26日午前3~4時ごろに東池袋の同ホテル内の一室で女性が死亡しているのが見つかった事件。警視庁は、ビデオカメラに写っていた現場近くに住む無職男性を指名手配し、翌27日に渋谷署に出頭してきた容疑者を窃盗容疑で緊急逮捕した。

 捜査1課によると、容疑者は「出会い系喫茶で女性と知り合った。ホテルで首を絞めて殺した」と話しているという。同課は死亡の経緯を調べ、殺人容疑でも現在調査を進めているようだ。

 数年前に関西圏内から東京に進出し、たちまち新ジャンルの“風俗”として一般的に認知された出会い系喫茶。以前から児童買春など犯罪の温床と指摘されており、今年7月に同法施行令が改正され、来年1月から18歳未満の入店が禁じられるなど風営法で規制していく事が決定している。

 警察庁によると、年9月時点で、14都道府県に100店あり。このうち東京が最多の39店を占め、大阪27店、愛知8店、神奈川5店、兵庫4店などとなっている。




コメントの使い方削除依頼/違反報告