コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

オナニーのしすぎで死亡

2010年09月21日

 男子高校生がオナニーのしすぎで死亡する事件が起きた。 

 この男子高校生は、宮城県の自宅にて上半身のみ衣類を着用した状態で死亡していた所を発見された。宮城県立病院の診断によると、精巣内から過度の精子が分泌され、脳波が興奮状態に陥った時に心肺が停止したと見られる。
 
 死亡解剖の結果、この日青年は数十回にも及ぶ自慰行為をし、性ホルモンの過剰分泌が原因で急死したという。医学では性ホルモンの過剰分泌によっておこる症状を総称して『テクノブレイク』と呼んでいるそうだ。

 テクノブレイクによる急死は年々増加傾向にあり、1997年の12~16歳の少年は全体の0.01%だったのに対し、年を増すごとに約3倍以上のペースで増え続け、今年は最高の0.3%にまで及んでいるという。東京23区だけでも1年間に20~30の例、全国では200~300例の『オナニー死』が起きていると推測されており、腹上死などの病死・変死として扱われるケースも含めると、実際にはかなり多いケースで発生していると考えれらている。

 正直…出来ることなら絶対に避けたいこの『オナニー死』実は死の直接の原因はオナニーではなく、元々その人の持病や成人病等の疾患があり、そこに性的興奮の影響で、死に至るようだ。つまり、高齢者や心臓や脳に疾患がある方、高血圧な方が危険ということなのだが、普段元気でも、自分の抱えている持病に気づかず、ある日突然オナニーの最中に死んでしまうこともあるという。

 要は…SEXもそうだが同様にオナニーをしすぎるな!という事ではないだろうか。




コメントの使い方削除依頼/違反報告