コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

APECを前に摘発強化か?

2010年09月05日

 神奈川県警国際組織犯罪取締本部は2日、横浜、川崎、横須賀など県内5市のエステ店など10店の経営者ら24人を風営法違反(禁止地域営業)などの疑いで逮捕したと発表した。

 発表によると、逮捕された24人は、23~48歳の中国人と日本人の経営者や従業員で、県条例で禁止された地域でエステ店やマッサージ店などと称する店舗を使い、性的サービスを提供するなどした疑いが持たれている。

 これら一斉摘発の背景には、11月に横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の影響が強く、今後も外国人による不法行為の温床になる可能性のあるエステ店などは摘発対象になると予想されている。




コメントの使い方削除依頼/違反報告