コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

我々も学習が必要な若者用語

2010年07月25日

 若者用語も進化進化進化の一途を辿る現在。

 知らないと会話中に若い子からはジェネレーションギャップ(Generation Gap)だねと笑顔で言われそうな感も否めない。いつの時代も世代の文化というモノは存在している。キャバクラや風俗でスムーズに話をしたいのはいつの時代も目の前に女の子がいたのなら変わらない。なら少し頭に入れて学習するしかない。

 今の若者達はプロフ(自己紹介サイト)などで色々な人とネットを中心に交流している。

 よく使われている言葉を少し挙げてみよう。
大人にはきっと意味不明だが、こんな意味が!と言うものばかりだ。

 コム持ち・コム
 馬路
 いつめん
 数友
 とりま
 ←


コムとは何の略か?
 使用例「コム持ってる?」「コム欲しいー」

 答え:WILLCOM(携帯会社名)の略です!

 若い子たちは携帯を2つ持ちしており。電話用としてWILLCOMを使用している。

馬路とは何の略か?
 使用例「馬路?」

 答え:馬路(まじ)と読みます。

 意味は「本当に」「本気」とかそんな感じで使われている。


いつめんとは何の略か?
 使用例「いつめんで遊ぶ?」

 答え:いつものメンバー

数友とは何の略か?
 使用例「数友を募集です。」

 答え:絡み無しの数増やしだけの友達

 モバゲー・プロフ・ミクシーで、友達リストを見られた時に少しでも多い方が良いので数友を募集しています。


とりまとは何の略か?
 使用例「とりま友達になろう」

 答え:とりあえずまぁの略

 魔球で来ます現代子ですから。

最後はメールなどで文の終わりに「←」をつけ使用するテクニック。
これは自分で自分の発言につっこみたいときやつっこみを入れて話す時によく使われます。

明日試験なのにずっと電話してた笑←勉強しろよ
さっき廊下ですべってお尻うった←段差ないだろ笑

と様々な使われ方をする言葉たちですが、この先こんな内容の話やメールに遭遇したらスマートに対応して、ジェネレーションギャップ(Generation Gap)を上手く埋めていこう。だが無理して頑張らすに聞くのもOKay?あなたはどちらですか?




コメントの使い方削除依頼/違反報告