コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

従業員にシャブ打ち猥褻行為の男逮捕

2010年02月19日

 自身が経営するデリバリーヘルス『ゴールドラッシュ』で働く少女らに覚せい剤を渡したなど
として、神奈川県警は17日までに、覚せい剤取締法違反などの疑いで、同店経営者の男性
(34)と知人の男(35)を逮捕した。

 県警によると、2人は「シャブ(覚せい剤)パーティー」と称して、出会い系サイトなどで勧誘した未成年の少女らに覚せい剤を打ち、日常的に性行為を楽しんでいたという。この店で働いていた元デリヘル従業員で、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された少女は、県警に「覚せい剤は店が無料でくれる。デリヘル従業員はみんな覚せい剤を打っていると思う」と
薬物使用の常態化を供述した。

 デリヘル従業員の中には未成年も多く働いており中には女子中学生もいたもよう。
更に「気が付いたら裸になっていて意識がもうろうとする中で性行為をされた」など、きわめて
悪質な行為もあったという。

 県警は「これほど悪質なデリヘルは異例」として、実態の全容解明を進めている。




コメントの使い方削除依頼/違反報告