コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

客引き行為はカジュアルに・・・

2009年11月14日

 新潟県の県迷惑防止条例で客引き行為が禁止されて早1年半。施工後こそ、いわゆる「キャッチ」の数は減少したが、最近ではまた、JR新潟駅前の花園地区などで増加しているという。しかも!姿を変えて・・・。

 「お兄さん、キャバクラどうっすか?」「若い子いますよぉ!」「マンツーマンで乾杯ドリンクサービスっす!」などと聞き取りにくい発音で声を掛けてくるキャッチ。以前なら上下・黒のスーツで身を固める「黒装束」が、定番のスタイルだったが、今はジーンズにチェックのシャツなど、学生風のカジュアルな服装で客引き行為をするキャッチが多く目につく。

 新潟駅前の花園地区を管轄する生活保安課によると、条例改正以降の検挙数の内、約3分の1が同地区での検挙。この事から、「キャッチの方も、取り締まりをくぐり抜ける対策を講じてきているのでは・・・」と同課の担当者は懸念している。

 実際に、同地区でキャッチをしている男性は「警察が見回りに来ても、この姿だと一目ではキャッチと判断しずらいだろうし、黒装束の頃よりキャッチがしやすくなった」と、条例に対しての対策であると認めた。

 黒からカジュアルへ。ではその次は・・・?姿・形を変えるキャッチに対抗するには、警察も制服を他の何かに変更するしかない?




コメントの使い方削除依頼/違反報告