コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

中国で風俗従事者の全裸写真公開

2009年11月08日

 隣国・中国で、河南省鄭州市公安局により、性風俗店に勤務する女性従業員の全裸写真が公開された事に対して、ネット上などで人権無視と非難が殺到している。 

 事の発端は、先月28日に河南省鄭州市公安局により、警官約300人を動員して行なわれた抜き打ちの風俗店及び闇賭博場の捜索が切欠。その後、公開された捜査のあらましと現場の写真の中に、手で胸を多いしゃがみこんでいる女性従業員の全裸写真が写っていた事から、合法的なものなのか、人権無視ではないかなど批判の声が上がった。

 その後、非難の声は日を追うごとに大きくなり、中国でも著名なコラムニストが「女性従業員を辱めた英雄たち」とコラムを発表した他、北京大学法学院の教授も「個人の尊厳は基本的人権として守られなければならず、罪を犯したとしてもその権利は保障される」と発言するなど事態はまだ収束しそうにもない。

 日本でも稀にTVなどで風俗店の摘発現場が流されるが、当然、洋服は着用し、顔はバレないようモザイク処理が決まって施される。

 その事を考えると、中国の取り締まりは、いささか行き過ぎた行為と取られても仕方のない事だろう。




コメントの使い方削除依頼/違反報告