コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

イギリス人は床上手??

2009年10月24日

 この度、オランダの研究者たちにより、イギリス人男性は他の国の男性に比べて「遅漏」である事が、性医学ジャーナルで発表された。

 5カ国500人の男性に対して行なわれた調査によると、イギリス人男性は平均して10分保てる事が分かり、次にアメリカ人で8分。
その次にオランダ人で6分30秒と続き、スペイン人が4分54秒、トルコ人が4分24秒で最短との結果がでた。そして、調査の中で最も最長保持の記録は52分。反対に最短記録は、悲しいかな6秒だった。
 
 この結果について、研究者の代表者は「コンドームの有無やサイズの大小による違いはありませんが、アルコールを飲んだ男性は通常よりも長く頑張れる傾向にあるようです」と語っている。

 日本でも「早漏」の悩みを持つ男性は多いとされているが、平均保持時間10分で第1位に輝いたイギリス人でも、約40%の男性が、1分以上持続ができないとされる「早漏」に悩んでいるという。 
その辺りも含めて考えると、5分程度持続できれば問題ないのでは・・・と勝手に思い込むのは...良くないだろうか?

 次に調査する時は、女性をターゲットにして「どの程度、持続すれば満足するのか?」を調べてもらいたい。

 その時は、ぜひ日本人女性も調査対象にイレて、私達にナマの声を届けてくれると・・・有り難いのだが。




コメントの使い方削除依頼/違反報告