コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

異例?新地内での摘発

2009年10月02日

 大阪府警生野署は30日、大阪市生野区にある花街・通称「今里新地」ので客に売春婦を紹介したとして、売春防止法違反(周旋)容疑で経営者の女性(62)を現行犯逮捕した。

 生野署によると逮捕容疑は、自身が経営する風俗店『菊松』に訪れた男性2名に売春婦を紹介した疑い。この菊松は、座敷で客を飲食などで接待する飲食店として公安委員会に届けていた。

 今回の事件は、いわゆる「新地」と呼ばれる場所内での逮捕・摘発に踏み切った、かなり稀な事件である。大阪には今回の今里新地の他にも「松島新地」「飛田新地」「信太山新地」など、表向きは割烹料亭、裏は・・・(お察し下さい)の地域が残っている。
過去から今まで、これらの地域内では古くから続く商売として暗に認められ、黙認されてきたはずなのだが・・・。

 詳しい逮捕に至る経緯は、まだ未発表であるが「現行犯」での逮捕である事から詳細は想像に難くないだろう。




コメントの使い方削除依頼/違反報告