コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

日本一の風俗資料館

2009年09月30日

 東京・飯田橋にある会員制図書館の「風俗資料館」を皆様はご存知だろうか?

 昭和20年代創刊の「奇譚クラブ」「風俗草紙」「風俗科学」から「風俗奇譚」「裏窓」や、現在出ている各種SM雑誌は、ほぼ全号。
他に不完全ではあるが、戦前の「変態・資料」や戦後間もなく乱造されたカストリ雑誌など、SMに関する雑誌や資料のみ約1万7千冊を超える膨大な蔵書が揃えられた、この手のものに関しては間違いなく日本で一番の図書館である。

 ただ、誰でも自由に入館できる訳ではなく貴重な資料・蔵書を守るために会員制となっており、利用頻度に応じて正会員・準会員、ビジター制度に分けられている。正会員になると、別途5000円で同伴者との来館が可能になったり、デジタル化された資料を閲覧する事ができるようになる。
 
 また、毎週水曜日の19:00~21:00までを女性限定の「夜の図書館」として開放したり、「若手研究者会員」制度を設け若い研究員を応援するなど、図書館業務以外にも様々な活動も行なわれている。

 この風俗資料館の歴史は古く、1984年に神楽坂にオープンして江東区佐賀、飯田橋へと移転を繰り返し今年で25周年を迎える。
本当に様々なSMに関する蔵書や、ビデオが所蔵されているので、興味のある方は1度立ち寄ってみてはどうだろう。1日だけの入館料ならビジター制度(5500円)がお勧めです。


名称:風俗資料館
住所:東京都新宿区揚場町2-17川島第二ビル5F
HP:http://pl-fs.kir.jp/pc/
電話:03-5261-9557




コメントの使い方削除依頼/違反報告