コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

客引き行為で逮捕 長野

2009年09月22日

 18日、長野県松本市の繁華街で、条例で禁止されている客引き行為を容認したとして、風俗店経営者(61)が逮捕された。

 松本警察署によると容疑は、既に私服警官に客引き行為をしたとして現行犯逮捕されている従業員(52)に、客引き行為をさせた迷惑防止条例違反の疑いによる。

 長野県では、去年の10月に迷惑防止条例が改正され、客引き行為の規制ほか、繁華街の指定区域の店の前に立つ客待ち行為も禁止されている。

 今回の事件に関わらず、たまたま「私服警官に声を掛けて捕まっている」ケースが全国で後を絶たないが、「客引き行為をしている所を目撃しての逮捕」の話が全然聞かないのは何故だろう?
この不景気だから・・・多少は黙認?されているのだろうか?

 世の中は「本音と建前」で成り立つと言うが、風俗関係に従事する者として一応一言だけ建前を・・・「客引き行為は違反です」




コメントの使い方削除依頼/違反報告