コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

電マが壊れる??

2009年09月12日

 AVに初登場して以降、風俗店に導入されては瞬く間に広がりをみせ、今では風俗店から切っても切り離すことの出来ないアイテムとなった「電機アンマ(以下電マ)」。ピンクローターを遥かに凌駕する振動で女性をイカせ電マの虜になった男女は少ないことだろう。
そんな、近現代最強アイテム・電マが壊れやすくなっていると言う・・・。果たしてそんな事が、本当に起こっているのだろうか?

 都内某所でイメクラ店を経営するY氏に真相を尋ねたところ・・・
「そうですね。確かに過去の電マに比べると壊れやすくなっている感じはありますね。」と驚きの一言。
続けて、「実際、当店で使用しているのはD社の製品(推測だが業界シェアNo.1)ですが、導入初期の約2年前に購入した物に比べて、ここ半年あたりに購入した物では、使用期間の長さに明らかに違いが出ていますね。極端な例を挙げると、1回のプレイで故障したなんてケースもあるぐらいです。」と少し呆れ気味に話してくれた。
また続けて「まぁ~。メーカー保証はついていますが、使用方法に問題がありますし、そんなに高価なものでもないので・・・。それに電マがないとお店が成り立たないですしね。」と意外にそっけない。

 どうやら・・・電マが壊れやすくなっているのは事実のようだ。(あまり確実なことは言えないが・・・)そして故障の原因に関しては、「恐らく長時間連続で使用するあまり、内部のモーターが焼き付くのではないだろうか?」と話してくれた。

 また、他店などでも同様の話を聞くうちに、「あまりにも飛ぶ様に売れるものだから生産が間に合わず、製造工程が疎かになっている」や「わざと壊れやすく作り、大量生産・大量消費をねらっている」などの誠に勝手な噂話も聞くことができた。

 色々なところで話を聞いた結果だが、結局電マが壊れやすくなっている確たる証拠はなく、ただ過度な使用による金属疲労が故障の原因であるようだ。
電マ導入時に比べて格段に電マの利用率があがった事で故障が目に付いて来たと言う事だろう。

 今では電マの先にアタッチメントが装着できたり、充電式のハンディタイプが登場するなど・・・様々なタイプの電マが誕生している。
ただ、強すぎる刺激は時として痛みを伴うのも事実なので、電マ攻めの際は長時間ではなく、ポイントを見極めて、局地的に効果的に使用するのがベターである。




コメントの使い方削除依頼/違反報告