コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

鶯谷でよく見る景色

2009年09月09日

 鶯谷のホテル街を歩いていると、よく目にする光景がある。

 妙齢の少し派手な女性が自転車でラブホテルに乗りつけ、タバコを一服してからメイクばっちりホテルに入っていく。

 この光景。鶯谷(うぐいすだに)と言う街を良く知らない人が目にすると「・・・??」とかなり違和感を覚える光景であろう。
実は、この一連の流れ。鶯谷に大小200件近くある熟女デリバリーヘルスの移動の景色なのである。

 約100件近くのラブホテルを背景にした、鶯谷の風俗ビジネス。ラブホテルに入室したお客様の下へ、駅周辺にある待機場を兼ねた事務所から女性が派遣される。
その派遣・移動の手段として自転車が使用され、文頭の光景に至る。
ただ、全てのデリヘル業者が自転車移動している訳ではなく、ごく一部の熟女店が自転車を利用しているようだ。

 人妻と自転車だけなら全く違和感はないが、場所が鶯谷になり、向かう場所がラブホテルになるだけで、尋常ではない違和感と同時に何とも言えないエロスを覚えるのは、私だけだろうか?
あくまでも仮想現実の風俗において、よりリアリティを演習し、興奮を促し、お客様を集客する風俗店も多い。そう考えると、もしかして・・・この自転車移動は、より普通の人妻ということを強調する演出なのかも知れない。
仮にそうなら、自転車のカゴにはスーパーの袋などを入れておくと、完璧なのだが・・・。

 少し話がそれたが、もし今後、鶯谷で自転車に乗る人妻を目にした時は、熟女のデリヘルだと考えてほぼ間違いはない。
風俗街と言われる地域には、得てして尋常ではない景色や雰囲気があると思う。風俗ついでに、その地域・街の景色・光景を眺めて見るのも面白いのかも知れない。




コメントの使い方削除依頼/違反報告