コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

堀之内の売春宿 5店舗摘発

2009年07月08日

 国内有数の風俗街、川崎市川崎区堀之内町で大規模な摘発があった。
この場所はいわえる『ちょんの間』と呼ばれる場所で売春目的で女性が男性客を勧誘した疑いが持たれている。
県警は過去最大の80人態勢で捜索を行い5店舗を摘発。20~30歳代の韓国人系の女と見張り役の男、計22名を売春防止法違反で逮捕した。
 
 また、付近の路上で見張りをしていた店員の男らは、摘発を逃れるため捜査車両約70台のナンバーをメモしており捜査車両を見つけると無線で店に連絡し女性従業員などに逃げるよう指示していた。 警察の調べに対し、全員容疑を認めているという。
 
 全国にちょんの間と呼ばれる場所は多数あり非常に風流な古き文化であると同時に売春防止法の施行後での青線地帯でのこの様な営業は完全な非合法な売春施設である。
非合法なちょんの間は、やはりこれから減少し続けていくのだろう。
 



コメントの使い方削除依頼/違反報告