コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

入谷朝顔市に風俗嬢困惑

2009年07月06日

 下町の夏を彩る『入谷朝顔市』が6日、台東区下谷で始まった。期間は6日~8日までになり期間中はJR山手線鶯谷駅南口の階段下から言問い通りの入谷駅前あたりまで、約100店の朝顔の出店が軒を連ねる。主催する下谷観光連盟は8日までに約40万人の人手を見込んでいる。

 しかしこの咲き乱れる朝顔に多少迷惑している方々がいるらしい。それは鶯谷の巨大ラブホテル郡を所狭しと行き来するデリバリーヘルスの女の子達である。
約100件近くのラブホテルを目当てに鶯谷には近くは日暮里・西日暮里・上野。遠くは渋谷のデリヘル業者までが毎日毎夜、鶯谷出入りしている。
しかし朝顔市とは言え、鶯谷に多くの人手が集まるのは集客にも良い事なのでは?と考えるのだが・・・。

 この事について鶯谷でデリヘル嬢を2年近くしているAさんに話しを聞く事が出来た。Aさんは夜店も出て賑わう朝顔市に背を向け
「この混雑でホテルへの移動が遅れて大変なんです。でもその事はとは別に困った事があって・・・。」と何とも困惑の表情を見せた。
「実は・・・大変有り難い事なのですが、朝顔のプレゼントが凄く多くて。プレイが終わって事務所へ帰る途中や、ホテルへ入る前に買われている方が・・・。嬉しそうに渡してくるお客様を見ると、とても断れなくて・・・。」
なるほど。プレイのお礼に朝顔のプレゼントとは...中々恐れ入る。

 朝顔の花言葉は「愛情」「平静」「愛情の絆」「結束」「短い愛」「明日もさわやかに」「はかない恋」などの愛を示す言葉ばかりだが・・・。