コンプリートラウンジ ニュース
出来事・関連

風俗開店資金4650万円奪われる

2009年06月26日

 東京新宿区の歌舞伎町で風俗店の開店資金の為に保管していた
現金約4650万円を奪われる事件が起きた。

警視庁新宿署によると、犯人は20代の塗装工ら4人で歌舞伎町の路上で
男性を脅し自宅マンションまで案内させて、室内にあったハサミで男性を
脅し金庫内にあった現金や腕時計などを奪った模様。4人は既に起訴されている。

 強盗と言う犯罪も歌舞伎町らいしと言えばそれまでだが、何よりも驚かされるのが
風俗店の開店資金に4650万円もの大金を用意いていた事だろう。

業界に詳しいS氏が言うには「現代ではインターネットの普及により誰でも簡単に
風俗店をオープンする事が出来る様になった反面、ライバル店の増加にも繋がり
風俗店はここ数年で増加の一途をたどっています。

その為、レベルの高いコンパニオンの獲得もそうですが、凝ったOHPを作り
新規オープンからある程度の広告媒体に露出しないと集客は見込めず、コンパニオンも
定着しない...といった悪循環に陥る事になります。資金力のない個人経営の
デリヘル店なんて2ヶ月持ちませんよ(笑)。」
「今回、犯罪に巻き込まれた男性は間違いなく業界経験者ですね。
よく風俗事情を分かっている方だと思いますよ。
もしオープンしていたら有名な大型グループの新店舗なんかだったんじゃないかな?」
と取材に答えてくれた。

 風俗店の開店資金に約4500万円・・・。いったいどれ程の収入が見込めるのかは
甚だ不明である。