風俗情報 トップ   >   フウゾク百科全書   >      >   オギノ式

用語:オギノ式 かな:おぎのしき 品詞:医 説明: オギノ式とは、1942年に産婦人科医の荻野久作博士によって発表された、不妊者のために妊娠可能期間を示したもの。 この学説を応用し避妊法として一般的には広まった。女性の卵巣から卵が出てくる日、すなわち排卵日は、 普通、次の月経の始まる12日〜16日前に限られているという説が発表された。 これは男性の精子が、女性の膣または子宮内で、生きてる期間が3日間といわれているので、 排卵期間といわれる5日間にその3日間を加える。 さらに、卵子は排卵後24時間生存するから、もう1日加えた合計9日間が妊娠可能な期間と言うことになる。 だから荻野学説を避妊法として整理すると、次回に予定される月経前の11日〜19日間は、妊娠の可能性がある期間となる。 即ちこの9日間さえ性生活を行わなければ、妊娠は絶対に避け得るというものだが、事実は絶対的のものではない。

フウゾク百科全書とは…

簡単に言えば、風俗関係の百科事典です。

風俗業界・お店などで使われている言葉や風俗店の女の子同士の会話で
使われる言葉など様々な言葉や用語が存在します。
そんな風俗業界の言葉や用語などを、50音順に分けて観覧できる様になっています。