風俗情報 トップ   >   フウゾク百科全書   >      >   カンジタ症

用語:カンジタ症 かな:かんじたしょう 品詞:性病 説明: カンジタ症とは、カンジタは一般細菌で真菌とも呼ばれている。 女性の場合、抗生物質の大量使用後によくみられ、外陰炎や膣炎をおこす。 性行為によって、女性が男性に感染させることはあるが、男性の泌尿器カンジタ症は女性に感染することはほとんどない。 男性の場合は、主に尿道炎になり、亀頭や包皮が赤くなり、白いカスのようなものがたまる。 包茎の人はかかりやすい。 治療法は塗り薬の塗布で簡単に治るが再発しやすい。 女性の場合は、外陰部に発赤・湿潤・腫張がみられ、かゆみをともなう。 白色の苔のようなものが付着し、長期になると皮膚が肥厚します。  治療は抗真菌薬を含む軟膏などの外用剤がつかわれる。 経口剤や注射もありますが副作用も考えられるので、出来るだけ避けた方がいい。 一度発症してしまうと、疲労や病気、ホルモン・バランスの崩れなどで再発しやすくなるので、 発症経験のある人は、規則正しく健康的な生活を送り、なるべくストレスをためないことだ。 男性は亀頭や包皮が赤くなり、白いカスのようなものがたまる性病。

フウゾク百科全書とは…

簡単に言えば、風俗関係の百科事典です。

風俗業界・お店などで使われている言葉や風俗店の女の子同士の会話で
使われる言葉など様々な言葉や用語が存在します。
そんな風俗業界の言葉や用語などを、50音順に分けて観覧できる様になっています。