風俗情報 トップ   >   フウゾク百科全書   >      >   淫行

用語:淫行 かな:いんこう 品詞:俗 説明: 淫行条例とは、都道府県条例の『青少年保護育成条例』中における“淫行規制条項”のことをいう通称。 以下に、淫行条例の該当部分のみを記す。 第2条 この法律において「児童」とは、18歳に満たない者をいう。 2 この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、   当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、   児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、   若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。  1号 児童  2号 児童に対する性交等の周旋をした者  3号 児童の保護者(親権を行う者、後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。) 又は児童をその支配下に置いている者 第4条 児童買春をした者は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。 附則 第2条 地方公共団体の条例の規定で、この法律で規制する行為を処罰する旨を定めているものの当該行為に係る部分については、 この法律の施行と同時に、その効力を失うものとする。  前項の規定により条例の規定がその効力を失う場合において、当該地方公共団体が条例で別段の定めをしないときは、 その失効前にした違反行為の処罰については、その失効後も、なお従前の例による。注) 児童買春行為は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」(平成11年11月1日に施行)で処罰され、 対価供与の無い淫行についてのみ『淫行条例』が適用される(児童買春禁止法附則第2条)。  この法律は、『青少年保護育成条例』中の条項であることを考えれば、パートナーのどちらかが大人である (といっても、大人の男と18歳未満の女性というカップルを想定していることは間違えない)ことが前提で、 その大人への自重というのが目的である。 ただし、女性は16歳で結婚できるし、男性は18歳で結婚できるという法律もあるので、『買春条例』とあわせて考えた場合、 金品の授受がなく、両親が公認であれば、淫行にも買春にもならないとする考え方もある (一部、都道府県では恋愛関係であれば、処罰されないこともある)が、 昨今の女子中・高校生の「援助交際」が社会問題になっている状況を考えれば、 社会通念上、18歳未満の男女に対しては、婚前交渉はしないほうが、いらぬ嫌疑をかけられずにすむ。 また、18歳未満同士の性交は、発覚すれば親や学校が独自に判断するだろう。

フウゾク百科全書とは…

簡単に言えば、風俗関係の百科事典です。

風俗業界・お店などで使われている言葉や風俗店の女の子同士の会話で
使われる言葉など様々な言葉や用語が存在します。
そんな風俗業界の言葉や用語などを、50音順に分けて観覧できる様になっています。