風俗情報 トップ   >   フウゾク百科全書   >      >   アロマテラピー(aromatherapy)

用語:アロマテラピー(aromatherapy) かな:あろまてらぴー 品詞:薬 説明: アロマテラピーとは、アロマ[香り]とセラピー[療法]を合わせた言葉。 アロマセラピーではエッセンシャルオイル(精油)を用いて香りをかぐことで心の健康を促したり内分泌腺を刺激してホルモンの分泌を促進させる。 心理的作用が大きく、ストレスの緩和などに効果があるとされる。 また、ハーブ(薬用植物)、花、果実、葉、小枝、樹皮、根、種などから抽出した100%天然のエッセンシャルオイル(精油)によって、 美容そして心や身体の健康に役立てようという芳香療法のこと。 《歴史》この植物の香りやエッセンスの起源はエジプトと考えられており、今からおよそ4000年前、宗教儀式で炊く薫香、ミイラを作るときの防腐剤、 病気の治療や予防、化粧などに使われていたと伝えられている。 現在のアロマテラピーという言葉は、フランスの科学者ガット・フォセが1937年に『アロマテラピー』という著書を出版。 その本に、研究中にやけどを負った手をラベンダーのエッセンシャルオイルに浸して治したことなども著されており、 植物の持っている芳香成分の素晴らしさを世に訴えている。

フウゾク百科全書とは…

簡単に言えば、風俗関係の百科事典です。

風俗業界・お店などで使われている言葉や風俗店の女の子同士の会話で
使われる言葉など様々な言葉や用語が存在します。
そんな風俗業界の言葉や用語などを、50音順に分けて観覧できる様になっています。